フォト

お気にいり

携帯・デジカメ

2021年3月24日 (水)

勘ちがい(無料)がはじまり

LINEの情報管理が話題になっているが・・・。

Line_logosvg 元々の発想は、無料通話(パケット料金だけ)で、メッセージと通話ができることが、従来の通信事業者と異にした。メッセージングアプリ であるが、簡易システムが走りであったように思える。本来は、この時点で通話品質等、津信事業者と同じような規制をしなかったことに課題がありそうな気がする。

システム作りも、管理、維持も従来のビジネスシステムと同様である。これでは、通信維持は破たんをきたすのは、当然想像ができた。私も通話は利用していないが、メッセージは便利で利用をしている。しかし、連絡先のデータは、個々に登録をしている。一括でのLINEへの登録はしない。

これに合わせて個人ポータルページ、決済システムまで付加した。まるで、銀行システムまで実施している。これで完璧に個人情報の収集が可能になった。これが目的での無料サービスである。無料システムの提供は、どこかで回収をする必要がある。これもパソコンで、スカイプがでて、品質はよくないが、十分な機能で利用されたがこの延長戦でスマホユーザーに広がってしまったのかな・・。

どうも、電気通信関連での枠組み以外での、メッセージ通信が生じた結果かもしれないが、通話の内容は勿論であるが、その存在も通信の秘密の範疇にあるのに一寸ずれてきているような気がする。

 

2021年3月18日 (木)

やっぱり起きたLINE情報漏洩

中国でのLINE情報の流出であるが、起きるべくして起きた事故?でこれは、通信事業者の場合には、ありえないことである。それは、今使われているシステムに製造業者(ソフトを作っている会社)が許可なく、触るような状態にはなっていないことである。

8d LINEは、本来は、通信会社が行うべきシステムであったが、これを通話、メールで十分と考えていた通信事業者の勝手な考え方があったように思える。メールで十分で機能すると思っていたが・・・であるがこれをちょっと自前風にアレンジをしたことが、事業者関係なく通話や簡単にメールが送れ、かつ通話もできるようにモデファイをしたアイデアに感服である。(韓国の何とかさん)

これに慌てた事業者は、事業者相互間でもSMSを実現をしたが、その時は、過ぎていた。事業者共同のプラットでのメッセージサービスの実現は、必要と思われる。

このシステムから情報がもれたのは、当たり前でラインのアプリを入れる時に、すでに自分の連絡帳の電話番号は、すでにLINE側の手元に提出をされていることを忘れている。これによりラインは、友達では? 友達追加の機能が有効になっている。因みに私の場合は、LINE電話へは、連結をしないで、アプリを登録をしました。

Yahooのグループではどうしよもないが、「通信の秘密」の厳ひ守や個人情報の保護の観点から、キチンできたグローバルなLINEの必要があると思える。メール・SMSとアプリで十分可能と思える。まだ遅くない。

2021年2月16日 (火)

ショートメールの一斉送信

携帯の頃から、電話番号でのメールができることは、画期的なことでした。しかし、これと同時に、事業者のドメインを利用できるようになり、メールの適用領域になってしまった。

20210216 このため、ガラケー時代のショートメールは、ちょっと利用が少なかったような気がする。これに、気がついたユーザー等がSMSへの移行などがあり、携帯字事業者が、相互にショートメールが行えるように変更をした。

これでも、ショートメールは、通常メールののようには、一括送信はできなかった。そこでも通常メールの優位性があった。スマホのアプリでも同様でした。

どうしても、ショートメールしか受信しない人?がいるとそのために、その人の為に、メールをコピーをしてショートメールを送る必要があった。

調べてみると、このアプリでは、連絡先を設定をしておくと、一括送信ができるようです。いつかは、わかりませんが、可能になったようです。(たくさんのアプリがあるようですね)

+メッセージ でドコモで、andoroidでのメッセージ (標準)で連絡先を作成をしておくとメールやLINE感覚になります。ただ一斉の投稿は出来ますが、それぞれの宛名に送るので、それぞれのメールボックスでの管理になります。グループの概念はなさそうです。恐らくは、パケット量も人数分だと思われますネ。(笑)

 

2021年2月 8日 (月)

白鳥をみてきました

昨年は、白鳥をみるのが、機会を逸したが・・・。今年は、相方の発声で、急遽、河北潟干拓地に出かけてきました。時間的にまだ戻ってきていないような気配でしたが、結構多くの群れになっていました。

P1230779 P1230782 この時期、農家の方々も、水田は、稲を刈ったままになっているのですが、荒おこしをして、水を張ってありました。その中を白鳥が食餌をしています。なかなか飛んでくれませんが・・・。

ちょっと遠くからないと、困るが・・。見学の中で、双眼鏡を持参の方がみられました。これが気がつかなかった。拙宅でも使ったものがありました。(忘れていました次回は、チャレンジです)

写真は、スマホでしたので、4倍ズームで無理です。そういえば、デジイチも使わなくなってかなりの年数が経過しています。コンパクトデジカメが、出始めて、使ってみるとそこそこの解像度で、ついつい旅行も手軽な、デジカメでした。

でもこのような場面に遭遇すると、望遠+三脚は必需品ですね。まあこれでいいか・・・。

2021年1月20日 (水)

携帯料金2,980円のいくえ

携帯電話の3会社がすべて出そろったが・・・。料金は2,980円で統一料金となった。

20200119 まさかこのような形になるとは想像できない。どこの会社の原価も、違うのに不思議である。完ぺきに横並びの料金設定である。これだと当初の臨んだ自律的な価格競争が生じないパターンである。

結果は単なる強制値下げとして終わりそうであり、競争原理?はおきないし、事業者間の移動は起こらない状態である。それでも価格値下げになったことは、一部の利用者が恩恵を受けるのは、確かである。

公共料金に準ずる電話料金であるから、過剰な利益をえるのは適切でない。過大な利益をえて、投資などを行っているのは、社会インフラ業務として疑問がある。本来は、原価がみえる形での料金設定が必要であると思っている。

この料金値下げ体系での、1つの進歩は、携帯のショップの利用を止めたところがポイントで、販売店経費が、ゼロにしたことは、評価できる。必要なサービスには対価が必要とのことである。それぞれニーズに合わせた顧客サービスを実施しるのが、ベストである。その内、講習会、バックアップ、アプリケーション設定、移行等にそれぞれか、包括的なサービス料金が設定されそうである。

総務省は、また新たな発想が必要のようで、暫くは監督官庁、事業者のせめぎ合いが継続しそうな気配である。

 

2020年12月23日 (水)

携帯料金とNHK受信料の値下げ

今日、気になったのは、いくつかありました。携帯電話の料金値下げの件でソフトバンクが、ドコモと同様にメインブランドでの発表があった。これはLINEを自社ブランドにしたことである。残るはKDDIであるが、ここも早晩同様な料金になると想定される。

0a90 ドコモは、NTTと一体となった経営で今後のソリューション事業として、機能統合等での展望がある。また、ソフトバンクは、LINEの日本法人を買収をしてのユーザー確保の展望があった。課題は、KDDIであるが、展望が見えない。

値下げはユーザーにとって利益が大きいが、いずれも、ショップの機能などを、オンラインで対処することになる。サービスの削除である。これに対応できる方々が、この恩恵に預かることになる。一方で、ショップ利用は、有料サービスに移行すると想定される。いずれもこの選択は、利用者側の選択が可能である。

後は、NHKの受信料であるが、これも連続での値下げになるが・・・。そらくは、時限的でも実施されると想定される。どうもNHK予算が国会承認が必要であることから、明らかではある。これは、見る見ないの選択権はない。

このいずれの場合も、通信技術、放送技術技術先導企業である。ここでの研究開発費の削減されるが、技術立国を目指すためにも企業支援が必要であると考える。

2020年12月 8日 (火)

総務省は大変!!

総務省は、かつ旧郵政省の機能もあるが、これが、携帯電話の値下げ、NHK改革とデジタル社会での試金石でもある。

携帯電話でのドコモでの2,980円楽天モバイルを意識をしての価格設定と思えるが、それにしても、安い! それにしても、ショップサービスを実施しないようです。裏読みをすると、代理店経費が、嵩んでいるとも言える。(値下げのすべてとは思わないが、多くを含んでいると思われる)

03_001 これでは、サブブランドである。上場廃止で、株主配当がなくなり、傘下の企業統合NEC資本提携など、目が離せない。

更には、ある内閣参与が、NHKのEテレを売却して、周波数を民間放送局、ないしは、携帯電話会社に提供などと、提言をしたとか、しないとかのネット情報である。(行政専用の移動通信?

まあ大胆な提案であるが、満更できない話ではなさそうで、Eテレの地上波は、NHKが、受信料金値下げまで想定したインターネット放送で行えば・・。これにより、楽天モバイルの周波数帯の再整理は、必要ではあるが、プラチナバンドを提供できる可能性がある。

ユニークな考えではあるが・・。NHK 等の既成組織が、どう動くかが、焦点である。

これらの案件を采配する総務省(旧郵政グループ)と 菅内閣、さらには、NHK 移動通信事業者 これに連なる放送・通信機器メーカーの動きが気になる。

2020年11月 1日 (日)

携帯電話の料金とサービス

携帯電話の料金は、それぞれの事業者での駆け引きがあるようです。どうも第二ブランドを立ち上げ本格的に体制を整えられてきている。注目は、NTTドコモであるが、第二ブランドは、どうするのかであるが・・・・。

P1230686 NTTcomのブランドがあるが・・。私が利用中であるが音声通話は、ガラケのFOMAカードを、リサイズをして、スマホに挿している。音声通話は、foma(ドコモ直販) データーは、NTT-ComのOCN モバイルone (ドコモ卸)優先である。( デュアルSIM スマホ )

これからTOBが完了して、12月頃には、明らかになると思われるが・・。 おそらく会社間の整理が行われると思われる。

利用者にとっては、会社を選択するのに、従来の3社および、第二ブランドの3社および、楽天モバイルが比較されることになるが、これでそれぞれが、第二ブランドをして、値下げの要請?に従いこれに順応することになる。

第一ブランドの機能はインフラを貸し出し(卸業務)とユーザーフレンドリーな代理店になるのかと想定する。おそらくは、これも、今無料サービスで、スマホ講習会等を行っているるが、わからないところは電話相談でも対価になるだろうと想定される。最終的には、利用者サイドのコスト削減が選択されるような気がする。ショップ機能の見直しが想定される。

航空業界に例に倣い、それぞれの利用者の判断により、安さ、サービス等を選択することになる。いずれにも少しは、料金からサービス競争になることには、期待をしたい。

朝方は、寒くなりましたが、午後からは気温があがりました。北海道では、コロナ感染が拡大しているそうで、気温が下がると感染が広がるとの情報があり、心配な状況です。



 

 

 

2020年9月23日 (水)

携帯電話の料金は

携帯料金の料金は、確かに諸外国から比べても少し高めであるが、これに賛同者もおおいが・・。

15657706081132_  通信業者の、電電公社民営化後、多くの再編を経過をして、3事業者になった。しかしこの間、多くの過当競争で、従来サービスの廃止等が行われてきた。それでも収益があげてきたのは、電話以外での収益があったからである。

ドコモ口座で話題になっているが、これを自らの銀行システムを持とうとした、結果であり、これも通信以外の利益構造である。この時期には5Gの設備投資時期でタイミングがよくない。

それでも、最終的には、民間業者は、実質値下げが行われることになる。これで事業者のコストダウンが行われ、限界を超すことになり、利用者のサービス低下につながることになる。

ショップの集約ではと思っている。仮想事業者等と同様になるとは思えないが、・・・。 今までの使い方、デモ、講習等は有料化、または、廃止となる可能性が想定される。

 

2020年9月11日 (金)

「ドコモ口座」あるorない

NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使って、銀行の預金が不正に引き出される被害が問題になっている。これは完璧に誰かに 口座番号、名前およびパスワードが抜かれたと思われる。

Bb18tgnw それにしても、このドコモ口座の開設が手抜かりかもしれない。この種の電子決済は、システムはこの程度かと思われる。プリペードカードへの振り込むわけであるから、銀行口座から案内メールが必要な気もする。

私のネット銀行を利用しているが、入金、出金等の通知が届くシステムにはなっているが・・・。ゆうちょ銀行等も、振り込みをした時は、実施しましたなどの通知がされる仕組みが必要かもしれない。

「プリペーカード」も「ドコモ口座」も仕組みがほぼ同じであるが、それなりの通知システムが必要である。ある会社のプリペードは利用した後、メールで通知される。通信会社のシステムとしては、電話番号とユーザーはひも付きにすべきです。(これが通信会社としては情けない。携帯での設定などは、異常なセキュリティーをかけている。他のキャリアのユーザーを囲い込みかな・・・・)

それでは被害に遭っているかの確認は個人で、該当銀行の口座での記帳か、取引明細をみるしか、このサギ行為が発見されることは、なさそうである。まだまだ金額が増えそうな気がする。キャッシュレス決済は、便利であるが、思わぬ落とし穴があったようです。

より以前の記事一覧

リアクションのリンク

無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想