フォト

お気にいり

« 新聞半紙を写真にする方法 | トップページ | 断熱・保温はDIY »

2021年1月30日 (土)

「最終的には生活保護もある」・・・に思った

「最終的には生活保護もある」との首相答弁にマスコミが賑やかになっている。最終的な公助の典型ではあるが、どうも生活困窮者でどうにもならないような貧困層への給付と思われている。 

この生活保護の適用は、聞くところによると、審査が厳しくかつ、親族へも問い合わせがあり、生活費の補助等の支援の可否もあるとのことである。

確かに最終的には、これも受け入れる必要があるが、このコロナ禍が終われば、務めが可能となり、このような生活保護を受けなくても生活できるようになると思われる。

このような場合の期間を決めての短期間生活保保護で、借入、給付金、生活費などを支援する制度が必要ではないかと思われる。自助から公助でなく、中間的な、期間を限っての生活保護制度があってもいいような気がする。

どうも報道の中で過熱をしているが、冷静になり、生活保護法の適用前に、迅速な対応ができる改正が求められるような気がする。コロナは、社会の建前の矛盾を顕在化をさせている。これを機会に社会基盤の見直しをする必要がある。

自民党の会議で、密な会議をして、コロナ対策会議を行っている。どうも集まって、集団心理の扇動がないと何事も決まらない。自身の考えがない方で、周りの人の様子をみながら、判断をする人の集団らしい。

その方々に、このような議論をしても、選挙の票にならないから、誰も地道な検討をする人はいないかな・・・。(苦笑) まあ最後は、自助かも知れないですね。諦めかな・・。ぼやき、高齢者の独り言でした。

« 新聞半紙を写真にする方法 | トップページ | 断熱・保温はDIY »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は今回のことで、全く違った思いに駆られました。

それは、「最州的には生活保護」ということを、批判する世間の風潮こそが、困窮者への「差別」侮辱する日本の「保護を受け取るのは恥だ」というような古い考え方なのではないかということです。

この日本人の考えが、困窮者への支援をしにくくしているのではないかと感じます

>玉井人ひろたさん

>この日本人の考えが、困窮者への支援をしにくくしているのではないかと感じます

これもあるような気がしますね。それで、困った時に期間限定のケースもあってもいいかと思います。併せて貸付もあっていいような気がしますね。
あまりにも、自助精神が阻害しているのかも知れないですね。

いずれにしても、容易に利用できるような、社会の醸成も必要ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新聞半紙を写真にする方法 | トップページ | 断熱・保温はDIY »

リアクションのリンク

無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想