フォト

お気にいり

« コロナ後の社会格差(貧富) | トップページ | GO TO Eat を控える? »

2020年11月22日 (日)

コロナ感染の策?

コロナでどうも拡大が続くような様相である。新たな方針がなく、要請も、呼び掛けも功を奏しない気配である。

Img_20201122_141957 自粛要請だけでは、実効がなさそうで、観光客、行楽客が増加しているのは、事実である。GO TO キャンペーン 等の 活動促進と相反する施策を行っている現状においても増えているのは、これに起因するかは、分からないが、人出が増え、接触チャンスが増えていることは、確実である。

単なる自粛だけでは、抑制ができないようです。やはり、人の行動は、損得勘定が優先するようで、キャンペーンとしては、効果があるが、コロナ感染予防措置的には、評価できない。

この施策が、このまま継続しても、抑制は、期待できない。考えてみると、自主的な自粛要請等とは、都合のいい方法で、放置に等しい。具体的な行動抑制は、今でも、個人に託されている。(自助)

11/21の閣議でGO TO トラベルでの旅行地域を制限するようであるが、意志決定が、遅い、決定方法が、曖昧な気がする。迅速な県知事の判断か、該当首長と上申で国が判断するのか決めるべきである。

当地では、観光客が多く入り、兼六園、茶屋街等は、混雑の映像や、写真がアップされている。この後、市中感染が出ないことを祈るばかりである。

 

« コロナ後の社会格差(貧富) | トップページ | GO TO Eat を控える? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

判断のベースとなる実態調査に時間がかかるのが、政府判断の遅さの一番の要因のようですが、デジタル化したら早まるとも思えません。
根本的に、無駄な組織経由が多いのではないでしょうかね。

震災の時、福島県内では各市町村長は県を通すと遅くなるので、地元議員を通じこぞって大臣に直談判を行いました。
早かったです。

確かに判断の甘さや、迅速性に欠いている面がありますね。
判断する時にはデーターが必要です。

大阪都構想ではないが、県と市町村がバラバラですね。住民本位ではなく自己本位で動いているような気がします。

県のありかた、政令都市などの機能と権限を見直し、スリム化する必要があると思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ後の社会格差(貧富) | トップページ | GO TO Eat を控える? »

リアクションのリンク

無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想