フォト

お気にいり

« 能登カントリクラブ | トップページ | アメリカ大統領開票フィーバ? »

2020年11月 5日 (木)

行政の広報誌に思う

行政の広報誌であるが、それぞれ、石川県、金沢市、県議会、市議会と全世帯に配布される。組織が違うから広報もそうなるのは、理解できる。

Img_20201105_120731 それにしても、それぞれ、編集をして、印刷、配布の工程があり、それぞれ、個別に行われる。広報の対象は、同じである。広報誌は、記事の内容が、金沢港クルーズターミナル、国立工芸館等で、内容もよく似ている。

広報は、必要であるが、これ重ねて、広報の意味があるとは思えない。小さなことではあるが、これが、私から見えた「二重行政」である。根本的には、行政機構の更新しかないが、このような事例から、始めることも必要ではないかと思える。

多くは、わからないが、この配布も恐らくは、印刷発注業務の外注が行われていると思われるが、町内会組織等を利用することで、経費の削減、もしくは地域活動に活用できるような気がする。(地域によっては、行っている処もあるようであるが・・)

印刷でみる人、ネットで閲覧する住民などあるが、利用する人、あまり利用しない人も様々で、広報の成果は、発行して配布したことを成果とする行政で、あって欲しくないと思います。

このブログのテーマが、つぶやき ででもあります。勝手に呟いていました。(苦笑)

« 能登カントリクラブ | トップページ | アメリカ大統領開票フィーバ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わが村は小さいせいもありますが、村の広報誌(毎月)も村議会の広報誌(2か月に1回)は、村の行政組織(町内会)が配布しています。
それぞれに違った角度から村政の詳細が解るので役になっています。
そういえば、費用のことは考えたことが無かったです

それはいいことだと思いますね。
それにしても、行政と立法ですから、仕方がないですかね。

配布は、町内会組織でいいですね。経費ゼロですね。これを合本すると経費節減になると思いませんか?

細かいといわれそうですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登カントリクラブ | トップページ | アメリカ大統領開票フィーバ? »

リアクションのリンク

無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想