フォト

お気にいり

« 携帯電話の料金とサービス | トップページ | またも錯誤の「Go Toイート食事券」の配布 »

2020年11月 2日 (月)

大阪都市構想

大阪都市抗争も決着がついたようです。他府県の話題であるが、行政改革の面では、賛同を得られなかったとのことである。基本は、大坂府と大阪市の2重行政だと思っていたが、市民は、大阪市の廃止に抵抗があったような気もする。

行政コストの面では、減少するが、行政サービスも不便さが伴うことは、平成の大合併の実績をみてもわかるが、これと行政コストである。潤沢な税収がある大阪と、平成の合併で消えた市町村を比べるのは、無理があるかもしれない。(しかたがないか…の気持ちがすくなかった)

役場、市役所が少なくなり、市町村議員が少なくなり、確かに不便な面があるが、これで、基本財政が救われてたとの違いであろうと思われる。

併せて、今は、大阪市、大阪府が、連携できる体制にあることで、2重行政の調整が出来ているから、改革の必要性も薄いと判断されたのかもしれない。

行政の組織、機構は難しいが、多くの府県で、県立図書館、市立図書館の施設が、それぞれ同一市内にあり、かつ相互的に、図書検索がなされている状況をみれば、これも統合集約すれば管理機能だけでも効率化されるような気がする。

このような機能は、大概、県庁所在地に設置され、それ以外の地域では、すくない。人口比を考えれば仕方がないが、これもある意味格差になっている。

大阪都構想は、周りでは、大坂の課題だと思われているが、県庁、県庁所在地の市庁とは、多くの課題を含んでいるような気がする。事例があちこちで散見される。これを機会に終わったではなく、県民として考えていく必要があると思われる。

« 携帯電話の料金とサービス | トップページ | またも錯誤の「Go Toイート食事券」の配布 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いわゆる「ハコモノ」と言われる行政施設、その内容が全く同じものが県営と市営の両方が政令都市の中に並んで存在するというのは、政令都市以外の住民にとって不公平感が募るだけだと思います。
これは根本的に、政令都市制度があいまいなためのようですが、まずはその法律を変えることでしょうか

玉井人ひろた さん こんばんわ だんだん寒くなりますね。雨が降っています。

行政組織の作りは、張りぼての様に、基礎がそれぞれ異なるので、改めてみると不具合が目立ってきている。難しいものです。

結果論ですから、仕方がないですが・・・。難しい課題ですね。  保健所の指導内容もこれで違っていますから・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 携帯電話の料金とサービス | トップページ | またも錯誤の「Go Toイート食事券」の配布 »

リアクションのリンク

無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想