フォト

お気にいり

« 学術会議の任命騒動? | トップページ | 県民・市民の選択が変わる? »

2020年10月27日 (火)

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種でした。器官系の疾患がある相方が、今年は、コロナ誤認を兼ねての予防接種で、それではと、私も同じ病院での接種でした。

今朝(10/27)の新聞では、県に報告された、インフルインザがゼロであるとのことである。例年の発生からすると、確かに少ない数値である。こImg_20201027_085935 れは、マスク、手洗い、消毒の効果であることは、ほぼ間違いない。

このインフルエンザに関する対策で、ワクチンが必要で、行政援助があるが、個々の留意でこれだけの発症を防げることが、奇しくも証明されたことになる。

確かに、3密回避、マスクなどの対応をどれだけと評価するのは、難しいが、今後も、それぞれが、対応をすることにより、ワクチン接種、医療費などの抑制ができることは、確かである。

将来も、今の3密、マスク、手洗い、消毒をどこまで、徹底、継続できるかは、確信はないが、これが私たちができる、「自助」かもしれない。行政に頼らないインフルエンザ対策です。

私は、肺炎球菌感染症の予防注射を、受けていないので、これも今年度末までに接種に行く必要がある。この効能期間は、5年とのことで、その後は、自費診療になるとのことである。

 

« 学術会議の任命騒動? | トップページ | 県民・市民の選択が変わる? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の母は肺炎球菌感染症の予防注射してから5年を過ぎたのですが、あとは自己申告なんですかね?
インフルエンザ予防接種は、わが村の65歳以上の村民は無料なのでたぶん摂取するのでしょう。
ちなみに、私は未だにインフルエンザ予防接種をやったことが無いです。インフルエンザ感染は、2回ほどあります(笑)

肺炎球菌の方は、5年間の有効期限のようです。私は、前に受けていなかったので、通知があったものと思われますが・・。
これも健康保険団体の助成で変わるように思われますが・・。

インフルエンザの無料接種は、いい施策だとおもいます。費用対効果もありますが、罹らないようにするのが、一番ですね。(笑)

高齢者になり、自分もきついですが、周りの人が迷惑しますので、これを少なくしたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学術会議の任命騒動? | トップページ | 県民・市民の選択が変わる? »

リアクションのリンク

無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想