フォト

お気にいり

« 膝の痛み | トップページ | 金沢市民大学講座もオンライン »

2020年10月24日 (土)

文芸春秋

ある方から、「文芸春秋」の最新号を頂きました。これがまた、今日本屋で、買って家に戻ってら、机の上に同じ本があったとのことである。だん だんと記憶が定かでなくなるのは、加齢であるが、こうして齢を重ねるのかと、言い聞かせた。

P1230681 久し振りに手にした雑誌であるが、コロナ以前は、図書館での新聞、週刊誌、雑誌の拾い読み場所があったが、やはり不特定多数の空間は、躊躇してしまいます。

中味の2つの記事で「菅官邸今井派追放と二人の奉行」「二階俊博最後のキングメーカーの研究」なる記事があった。 共通しているのは、権力の構造の中での動き方は、二階堂幹事長、菅官房長官とも、政治秘書、自治体議員等をけいけんされているので、実に機敏に時を視ていることが解った。この辺りは、2世、官僚出身の政治家と相違するところである。併せて官僚等の周りの人を使うことが上手で、人情政治と表現すると、どうかと思われるが、相互の信頼を築いたことが、権力につながったと思われる。

これは、大なり、小なり、同じことが言えるかと思われる。サラリーマン時代も同じようなことであると今、思っている。(苦笑)

お陰様で、暫くぶりに、「文芸春秋」を読ませていただきました。感謝ですかな・・。

« 膝の痛み | トップページ | 金沢市民大学講座もオンライン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 膝の痛み | トップページ | 金沢市民大学講座もオンライン »

リアクションのリンク

無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想