フォト

お気にいり

« 洗濯機からの漏水? | トップページ | 旅スタイルの多様化 »

2020年10月 6日 (火)

ハンコとIT化

突然のように河野大臣からでてきた、「ハンコを押す」、廃止である。(発想がユニークである)

今さらとの声もあるが、行政手続きでの押印は結構ある。これは、住民も、職員も手間である。代理人が行っているならともかく、自分が行っているので、間違いはない。しかし押印がいる。

恐らくは、押印をすることは、双方の安心からそのままになったきたものである。改めて俯瞰してみると必須ではなさそうである。

サラーマン時代においてはハンコは、重要であった。この案件に合議を図るために、2冊の合議文書を作成して、それぞれ廻していたことを思い出す。担当者にとっては、それが、最後の仕事の仕上げだったように思える。

そんな思い出の押印であるが、その他に、新聞の切り抜き、雑誌等の回覧にも日付印をおしていた。その後、新聞等は、ネット掲載になりなくなったような気がする。

今回は、押印の廃止は、内部意識改革もあるのではなかろうかと思っている。これをカード等のIT化で、電子合議等を採用すれば、双方のメリットがある。

基本は、マイナンバーである。行政サービスにおいても、同様である。これらの手続きが可能になれば、市民センターまで出かけなくて手続きが可能となり、これも双方にメリットがあると思われる。いずれにしても基本は、本人確認方法である。押印からIT化への流れのテンポが気になる。

 

« 洗濯機からの漏水? | トップページ | 旅スタイルの多様化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

河野大臣、「ハンコ廃止」とか、そんな小さなことが行革ってなんでしょうかね?
それより、沖縄北方大臣として沖縄へ行って話し合いは下のでしょうか?
北海道に行って、核燃料最終処分場の話し合いに行ったのでしょうか?
疑問ばかりが、頭に浮かびます。

玉井人ひろた さん

沖縄の基地の話や、燃料処分場の話は、こじれてすぐには進捗しません。しばらく経過をみるしかなさそうです。

ハンコを押すとは、業務の効率化からすると、ペーパーレスにする必要があり、これで仕事の見直しが必要です。確かにしょぼい見掛けのよくない表現ですが、大きな改革になると思われます。すでに民間企業では、契約書まで、電子契約になり、印鑑は少ないです。

これでお役所内での起爆剤人るような気がします。最初は、単なる行政サービスですが、効果があると思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 洗濯機からの漏水? | トップページ | 旅スタイルの多様化 »

リアクションのリンク

無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想