フォト

お気にいり

« 「サポカー補助金」が | トップページ | 旧盆渋滞はないが・・ »

2020年8月13日 (木)

コロナウイルスでの私利?

コロナウイルスで、国の方針に合っていないとか、知事会などでそれぞれの意見があり、議論になるのかななあと思っていたが、官僚がお膳立てをした専門分科会、専門委員会もごく当たり前の答申をしただけになった。

Photo_20200813102301 それでも一部の知事はそれなりに、県民目線で動いていると思っていた。ここに来ての対応は、自然体での推移に、コメントをするだけで特段の新しい動き、仕組みもなさそうである。

一部の知事も、初期対応はできたと思ったが、その後の対応が手づまりである。どうして発生の起源となっている地域等に重点的に対応しないのかできないのか、よくわからない。感染者を隔離するしか拡大を防ぐ方法がない。PCR検査、抗原検査であろうが、偽陽性がでようが、分けることが必要である。それで陰性者(偽陰性も含む)で社会の活動をすべきである。

「世田谷方式」といわれる方式で実施すると感染率が低い場合には、効率が図れるようです。複数人を一緒にして検査をする。鎮静化を果たしたニューヨークで例がある。それはいいと実施を試みないのかわからない。

マスクの代替のような「うがい薬」や、〇〇アラートよりは、効果があることは確実である。これがどこでパイプが詰まっているのか、見極めるのが行政の力である。

「やっている感」の演出が得意の小池知事と共通点が少なくない吉村知事に対しては、「うがい薬」会見で浮上した疑惑を含めて、言動の信憑性などについて厳しく検証する必要がある。

「やっている感」の演出が表に出てしまって「うがい薬」会見で浮上した疑惑を含めて、言動の信憑性など厳しく見ていくことが求められる。こうなると愚直に政府の指示通り動いている当県の知事はまだ許せるかもしれない。この第2波の源流は、まぎれもなく、東京都、大坂府である。

« 「サポカー補助金」が | トップページ | 旧盆渋滞はないが・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「サポカー補助金」が | トップページ | 旧盆渋滞はないが・・ »

リアクションのリンク

無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想