フォト

お気にいり

« 朱鷺の台カントリクラブ定例会は幹事でした | トップページ | コロナ感染の検査 »

2020年6月21日 (日)

「マスク」からみえた・・。

コロナ感染防止の1つがマスクであるが、漸くどこでも手に入るようになった。 これでひと安心ではある。今回のマスク不足は、いくつかのことを示した。

もともとマスクは、不織布の国内生産であったが、加工にかかる労務費や、利益拡大を目指して、国外に移行し、更に進化をして輸入調達に至ったものであるらしい。
これはマスクだけではなく、多くの企業で多くの品物は、企業活動の結果として、国外生産拠点化が多くなっているようでもある。

幸いにマスクは、短期間の内に、国内生産が実施され、品質等にも心配のないものが供給されたのは、取引価格が高くなることにより利益確保が可能になったと思われるし、社会貢献等でのメリットがあると判断された結果である。いずれにしてもそれぞれの業界ととしての戦略的な、海外技術移転、生産拠点は、バランスが必要であることを痛感した。

合わせて、縫製会社、手芸販売のデザイン布製マスクの生産販売である。これもまた人の工夫で、除菌マスクではないが、飛散防止マスクを工夫しその場を切り抜け、今では、ファッションセンスのあるおしゃれなマスクが流通している。新たな市場を開拓したようである。消費側の意識も変化していることに気がつかなかったのかもしれない。

コロナ感染禍において、マスクからだけでも、、多くの課題を私たちに教えてくれた気がする。

« 朱鷺の台カントリクラブ定例会は幹事でした | トップページ | コロナ感染の検査 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朱鷺の台カントリクラブ定例会は幹事でした | トップページ | コロナ感染の検査 »

リアクションのリンク

無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想