フォト

お気にいり

« 人間ドック | トップページ | テレビのリモコンが »

2020年1月29日 (水)

健康管理と行政は

国民の健康管理のための、検診制度を取り入れて、これで健康管理をおこない、健康保険の財政を支える。決して市民の健康を守るとの発想ではなく、「すこやか検診」の受診率を向上させるための施策ではと疑いたくなる。(☜ そのように見えるだけ??)

人間ドックを受診するのは、敢て「すこやか検診」 を受けて、同じ検査をして、医療機関に個人負担金+市の負担金を支出する愚策である。

2020_000245 これを受診しないと、脳ドックの等の受診での補助対象外になる。担当者曰く、これは、「すこやか検診」の「受診率をよくする」ために行っており、そこまで考えていません。  (やっぱり・・・・)

よく聞く例として、すこやか検診を受検するより、通常の診療を受けて、検査をして貰う (脳検査も、物忘れが多い、ふらつく等の理由で)ことによりいいとのことである。(保険診療による人間ドックである)医療機関としては、どちらで行っても収入は変わらない。これでは、高齢者の診療費が増加するのは当たり前である。

さらにこれに併せて、特定健診(集団検診 すこやか検診)をうけていない人に治療中の経過について、データーを収集するとのことで、許諾の書類が送られてくる。これもこれにより、検診を受診率との関係である。(個人の治療中のデーター収集だけの目的?かと・・・・)

それでは、検診項目の多い、「人間ドック」を受検している方は、行政の施策に協力をするのは、ボランテアである。併せて施策に使う税金は効率的でないような気がする。

人間ドックへの補助を考えることにより、すこやか検診 の受診率も上がり、かつ、健康管理データも受領できるのではと考える。補助金であるが、すこやか検診で費やす費用の「すこやか検診の負担分内」で、十分と思われる。これにより格段の受診率が向上すると想定できる。

高齢者の戯言でしたが、できれば、取り入れてくれると人間ドックの費用の一部になるかな・・。自分のために 行政の為にも 人間ドックに助成を (☚実はこれが私の本音です!)(笑)

ポチッとよろしく!   ポチッと  お願いしまーす。人気ブログランキング ブログ村 は 右サイドバーに移しました。こちらも宜しくお願いします。

 

 

« 人間ドック | トップページ | テレビのリモコンが »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間ドック | トップページ | テレビのリモコンが »

リアクションのリンク

無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想