フォト

« 老後2000万円の炎上の不思議 | トップページ | グランドゴルフ »

2019年6月13日 (木)

老後2000万円 学習編

老後の生活は、どうなるのかは、それぞれに不安があるが、今回の騒動でやはりピントがずれている。国会議員とマスコミの騒ぎについて疑問がある。それは、このデーターの根拠となっているのは、総務省 家計調査報告(家庭収支編)からの出典であると明言されている。

それではとググてみると確かに似たような数字が出てきており、不足額までほぼ同じである。これは、毎年総務省が行っている統計で確かと思20190613われる。この現象は、ここ数年ででの変化ではなく以前より起きていた事象である。

これについて書かれているから、答申を出しても受け取る、受け取らないの議論ではなく、この5万円をどう対処するのかを議論すべきである。

簡単に言えば、支出を削減をするのか、従来よりも質素な暮らし、収入である、年金額を増やすの方法、または議論になっている貯蓄をするのか(個人の選択であるがこれが選挙の意義かな・・)

気になった非消費支出は、健康保険料、介護保険料等らしいが、これだって検討の選択肢である。

この視点での議論が必要である。騒いでいるのは政党、議員、マスコミは、自己都合だけの見解だけである。年金の破たんは、現状の給付だと「破たんしない する」 のではないかと全く次元の違う議論である。(これはこれで議論をして国民に説明する必要があるが)

さーーて何を節約をして、家計を守るか、このワーキングの暗黙の答申案のとおり、金融商品で収入を増やすか、悩むところである。(苦笑)そこまで生きておられるかもあるが・・・。

 

ポチッとよろしく!   ポチッと  お願いしまーす。人気ブログランキング ブログ村 は 右サイドバーに移しました。こちらも宜しくお願いします。

« 老後2000万円の炎上の不思議 | トップページ | グランドゴルフ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ