フォト

« 家のこと | トップページ | 年金2000万円の解消法は »

2019年6月27日 (木)

選挙の公約は具体的に・・

夏の参院選公約 で「家計第一」 を発表されたが、ちょっと理解できないような事項があった。このような公約の背景が理解できなかった。

中学校卒業(15歳)までの子どもがいる世帯が対象の児童手当について「18歳まで」に広げるとともに、所得制限を撤廃し月額一律1万5千円を給付する。

m賃貸住宅に住む年収500万円以下の世帯に家賃を月1万円補助する。10月に予定される消費税増税は景気回復が十分でないとして延期 が骨子のようです。

いい話であるが、公約の 家賃補助の背景がよく理解できない。バラマキのような気がするが・・・。 これが家計の補助になることは、間違いないかその目標が明確でない。子育て世代への支援であれば、それに合わせた児童手当を増額すればいいような気がする。

ちょっと疑問に思った公約であるが

これから具体的な対処がもう少しはっきりとすると思われる。年金での議論の最中であるが、課題は、家庭第一でいいが、財源の措置でどこを減らして、この財源に充てるかが課題である。泉から湧いて来るのではなく、施策で、防衛費等具体的な数値で議論を進めてほしいものである。

 

ポチッとよろしく!   ポチッと  お願いしまーす。人気ブログランキング ブログ村 は 右サイドバーに移しました。こちらも宜しくお願いします。

« 家のこと | トップページ | 年金2000万円の解消法は »