フォト

« 情報過多では | トップページ | windows (画面のコピー)snipping tool »

2018年12月26日 (水)

能登半島沖

能登半島沖と表現されるマスコミ報道であるが、いろいろな意見、見方があるなあと思っています。個人的には、能登半島は、半分は、「島」で回遊ができない地形かと思っている。

半島(はんとう)とは、3方位が水(海・川・湖など)に接している陸地のこと。 らしいです。  意味は同じですが・・。

DSCN0103火器レーダー照射が、話題であるが、背景はあるだろうが、詳しくはわからないが、いずれにしても防衛省の発表と韓国政府の発表と相違をしているのは、何かの意図があり事実が曲げられていることは、明確である。こんなことで能登が全国的なニュースになるのは、有難くない話題である。

この付近は、日本船が、蟹、エビ、イカの漁場になる漁場でもある。こんな場所にこんな危険な事象が起きているのは、能登の住民だけでの不安ではなく、日本海を漁場とする漁師、その恩恵に日本海側の全体の話である。

日本海側は、もう冬の空で朝から鉛色の雲があり、これでしばらくは、太陽の日差しがみれそうにもない予報です。所用で能登半島の入口まで往復をしましたが、宝達山系も雪模様のようです。ちょっとお正月用の茶菓子を頂いてきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ ポチッとよろしく!   ブログランキングに参加をしています。クリックをお願いいたします。

« 情報過多では | トップページ | windows (画面のコピー)snipping tool »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能登半島沖:

« 情報過多では | トップページ | windows (画面のコピー)snipping tool »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ