フォト

« 初積雪 | トップページ | 高齢ドライバーと事故 »

2018年12月16日 (日)

地域活性化?

能登の各地に「地域おこし協力隊」として都市部から一定期間地域に移り住んで、地域の活性化に取り組んでくれている若者が大勢おられる。行政の施策ではあるが、地域の中での生活を送ることにより、その地域にいろいろな影響を与えている。

2018_000149どうもそれでも、行政との契約が完了すると、定住率が低いとのことである。(それでも平均よりは、いいようではあるが・・・)それぞれの事情はあるようではあるが、行政も、ここに細かに支援を行ったところと、そうでないところがあるようである。地域定着は、やはり地域における支援のキーマンが必要のようである。行政も地域おこし協力隊のOBがそのまま定住をしてくれることをターゲットにしているような気がする。

それより、地域にどのような活動をするのか、キーマンとの事前準備が必要な気がするが・・。プロジェクトがあってそのキーマンをして働く人ではなかろうか、それにより地域に馴染んで貰えるような気がするし、定住につながる可能性もある。多くは、職業が少なく、生活の展望が開けないことも定住できない要因でもあるように思われる。それなりの働く場所の工夫が必要な気がする。

能登の空き家が増えているのは、これだと思われ、セカンドライフでもしようと思ったら、生家の老朽化で対応できないことになっており、Uターン奨励支援もあるかもしれない。


 石川県ランキング  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ  ポチッとよろしく!   ブログランキングの参加をしています。ポチをお願いいたします。

 

« 初積雪 | トップページ | 高齢ドライバーと事故 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域活性化?:

« 初積雪 | トップページ | 高齢ドライバーと事故 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ