フォト

« アマゾンの課税から | トップページ | 北陸グリーンヒルゴルフクラブ »

2018年8月21日 (火)

監視カメラとAI

最近は、監視カメラの映像を取得しての人や車(Nシステム)の移動が確認できるようになってきている。個人情報の課題もあるが、ある程度の個人情報を犠牲にしないと安全も守れない世情であると思います。

jn180702-1-1新聞によるとパナソニックが駅のホームのカメラにAI機能を付与して、画像分析をして、線路への転落、ホームの点字ブロックでの長時間いる人、車いす、ベビーカー 白杖なども認識するようで、駅員への通知をしてくれるとのことである。このようなシステムが駅に設置されると駅員は他の業務に専念できる。どうも不審者、酔った人まで自動認識をするようになりそうなので、駅ばかりではなく、パブリックスペース等に応用できるようです。これだと想定であるが、顔等を登録することにより、リアルに行動がわかるようにある。何も意図しなくても歩いてカメラ祖データーを提供することになる。

カメラの設置とそのデーター管理をどのようにするのかも課題であるが、駅や、空港等の安全確保が、より向上することは間違いないことである。


  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ  ポチッとよろしく!   ブログランキングの参加をしています。ポチをお願いいたします。


 

« アマゾンの課税から | トップページ | 北陸グリーンヒルゴルフクラブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

AI によるデータ処理カメラによる人間個別認識はもうかなりのところまできているようですね。いまの流行は行動認識になってきているようです。次にどのような行動をするか予測するわけですね。でも、人間が対象の場合は「監視カメラ」と言葉を使うと反発する人達がいるので「防犯カメラ」と言い分けているのが面白いですね。同じものなのに。完全に言葉遊びになっていると思っています。
しかし「防犯カメラ」って「防犯」に役立ったことがあるのでしょうか ? いつも「犯行後確認カメラ」になっているような気がしています。

かつあき さん おはようございます。

そうですね。監視カメラ 防犯カメラは同じですね。初めて認識をしました。言い方次第で受け取り方が変わるのですね。

防犯カメラの仕組みは、録画をしているだけですからね。何かあったらそれを再生する機能ですね。

防犯システムと一体としての利用でないとご指摘の通りになりますね。あまり防犯には寄与していないかもね。カメラがついていると加害者に通知する機能が防犯ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 監視カメラとAI:

« アマゾンの課税から | トップページ | 北陸グリーンヒルゴルフクラブ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ