2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大雨特別警報 | トップページ | 歯科医院へ »

2018年7月 8日 (日)

減災活動を

20180708_1今回の集中豪雨は、過去の経験から気象庁の「特別警報」を制定して、機能を果たしていると思われるが、この予報のするタイミングと行政の対応(主に手順・・)にまだ課題があるように思われる。予報としては、正確であるが、それに対して行政の対応を行政側がそれを解釈をする必要がある。詳しくはわからないが、雨が降る場所は、気象庁であるが、それが流域の川に影響するのかは、国土交通省や地方自治体の判断が必要になる。気象庁の堤防や流域の地形の判断はできないと思われる。これこそデーターの流通でどこの河川にどれだけの影響があるかは、行政等が統合的データーを構築しておく必要がある感じた。(あるのかもしれないが・・・) 雨がふったら、流域河川、地層の状態などを統合的に観察し、対応をすることが肝要である。今回の土砂崩れに、流木にによる2次被害的なこともあり、これは森林の整備が十分になされていないことも要因としてあげられるような気がする。国土保全は、放置された民有地がどんどん増加してしていくと思われるが、山、河川等の減災20180708_2の事業の重要性を再認識をした。

住民も数十年毎しか起きない災害であるので、これに対応が、鋭敏になっていない可能性もあり、多くに人命を失ったことは、地域の中での日頃の防災意識醸成も不可欠である。例年実施されている防災演習も形骸化傾向もあるので、このような経験を踏まえて、より実践的にしなければならないと感じた。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 大雨特別警報 | トップページ | 歯科医院へ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/66916924

この記事へのトラックバック一覧です: 減災活動を:

« 大雨特別警報 | トップページ | 歯科医院へ »