フォト

« 確定申告の誤算→完了! | トップページ | 働き方の改革・・ »

2018年1月29日 (月)

ごみ収集の有料化が・・

金沢市で来月1日から、家庭ごみの収集が有料化される。有料化を巡っては、一部の市民から「税金の二重取りだ」「町会の負担になる」などの意見を残したままのスタートとなる。

市はごみ有料化の目的について、ごみの減量・資源化促進による将来世代の負担軽減や、市民の費用負担の公平性確保などを挙げている。行政は過去数年間、有識者の諮問会議、審議会 委員会の審議を経て昨年3月の市議会本会議に条例は、賛成多数で可決された。

その時の付帯条件が、各町会毎に説明会を開催し、理解を得ることであったようです。全1360町会1335回の説明会を重ねるとともに、昨年全戸にお試し用の指定ごみ袋を配布したようです。(昨年の12月から店舗で販売)

説明会には、「税金の二重取り」「町会に任せきり」 との意見があったようであるが、それに対する回答も

生活実態を知ってほしい」「高齢化などで地域力が低下しているのに、ごみステーションの管理を町会に任せきりでいいのか」等の意見が出されていたが、説明会出席の担当では、こじれるばかりである。

説明会の実施が免罪符であとは、実施日も決められているので、担当者としても熟すのを待っていればいいと意識もあったようなな気がする。

今でも有料化を進める市との議論は平行線だが、実施後は改善に向けての作業があるが、基本は、受益者負担で有料化であり、かつ、その節約等は町会に還元をするとのことであるから、市民の意見は次第に少なくなると思われる。

基本は、住民の意識・モラルの問題で、新聞紙・段ボールなどの古紙は、資源再生サイクルへ、分別をして、埋立ごみ、焼却ごみを少なくすように、それぞれ努力するだけのことであるが、これがどうして守られないのかを課題にすべきで、収集の有料化は、その方策に過ぎない。根本は、ごみを減らす自助活動が必要だと認識をすることである。

新聞には、「ごみを減らしたり、分別したりするのは市民。市がもっと市民に寄り添う姿勢を見せなければ、減量化にも資源化にもつながらない」と危惧している方いると書かれてありました。(全く同感ですが市民も意識をもち、相互に啓発が必要なようにも考える)


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 確定申告の誤算→完了! | トップページ | 働き方の改革・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごみ収集の有料化が・・:

« 確定申告の誤算→完了! | トップページ | 働き方の改革・・ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ