フォト

« 大雪、日常戻る? | トップページ | 北國新聞の記事から »

2018年1月16日 (火)

行政の瞬発力

行政の瞬発力」素晴らしい響きの言葉である。さすが新聞記者のコラムリストである。感服である。確かにこの発想は、理解ができるが、このコラムリストは、地域での状態を把握していないしましてや、あの豪雪の経験を忘れているか、経験をしていない方と思われる。

私も00_000092行政の対応をみると完璧ではないが、そこそこできていると思っている。幹線道路、主要道路など設定されてた除雪対象は概ねできている思われる。(私の周りの道路をみて・・・)従来から積み重ねてきた、融雪装置道路は計画的に幹線道路出来上がってきて、通常より、混雑や、不都合があるが随分と平常レベルに水準をあげてきていると思われる。

この石川の世論をリードすると自負している、論説委員がこのような、「責任者出て来ーーい ・・」などの表現は、表現力を乏しさを感じる。雪国では、長靴を準備しておくのが常識です。さらに、生活道路までの除雪を行政が実施することは結構なことではあるが、市民苦情が殺到するし、これも事前の調整決めことの了解を得ることが課題である。どれだけ実行しようとしてもそれだけのリソースがない。除雪を個人的に依頼しても機材がないし、建設会社の稼働もない)これは、ごみの有料化の施策にどれだけの費用と労力、時間がかかっているかを考えればすぐにわかることである。

北陸人は、この克雪は悲願であるが、そこで培われた人情・絆が保たれてきたのも事実であるがこのような時に、行政コストをあげないで、生活道路を守るのは、「向かい三軒両隣の瞬発力」にしてほしかった思います。

なーんて思った次第ですが、確かに明日は、埋め立て地行きのごみの無料化最後ですが、先般故障をしたレンジを運んでいきましたが、スノーダンプに載せて運びましたが、わだ地で大変でした。(苦笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 大雪、日常戻る? | トップページ | 北國新聞の記事から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コラム読みましたが、なんだか偉そうな嫌な気分になる文章でした。
文句言うよりもっと前向きな提言をしてほしいものです。

けんこう館 さん おはようございます。

どうも、コラム欄の編集委員が交代をしたような雰囲気ですね。(確かめてはいませんが・・)

結構大変ですが、このよな想定外の雪は、行政対応もなかなか難しい課題ですね。それに合わせてコストがかかりますからね。

できれば、融雪装置の普及等の支援とかも1つのアイデアだと思います。これも住民の負担金が課題で、頓挫する例が結構あるそうです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行政の瞬発力:

« 大雪、日常戻る? | トップページ | 北國新聞の記事から »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ