フォト

« あの東芝が・・ | トップページ | 生家の見回り »

2017年10月 3日 (火)

衆議院の解散に伴う離散・・

どうも民主党がいろいろな紆余屈折があるにしろ、分党になるような気配である。もともと社会党の潮流の方々や、日本新党等の保守層を含んだ政党であり、くすぶり続けてきた党0101_000084内のイデオロギーの違いが表面化したようである。これでスッキリとするとのことであるが、種々の考え方の集団の運営は何でも難しい。これは大義名分等の共通の目標をも失ってしまった。安倍一強体制の打破、政権交代のなくなれば、後は、先行きは、自己保身だけである。

今朝の北國新聞 時鐘でコラムで数字はどこまで信用できるか 42%が投票先を決めていないとのことである。この層が、投票場まで運べれば民意になるかもしれない。

どうも分党での決着をみるようであるが、それまで、地方の組織、支援団体 支援者の声も聞くこともなく、解党、分党の離散をすることはこれもある意味民意が反映されているとは思えない。連合組織においても同様で、トップ同士での協議が行われたとのことであるが、これも地域の組織は、このような支持団体も混迷をきたす可能性がある。

それにしても、3極にわかれるようで、これだと施策毎に連携できるのかもしれないが、いずれにしても選択は、国民であるので、今回は、ある程度わかりやすい投票での選択肢ができたような気もする。

今月は、よーーく考えて、行く必要がある、是非、不在者投票を含めて、わかりにくいとは言わずに、投票したいものです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« あの東芝が・・ | トップページ | 生家の見回り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

水面下での動きはあったと思いますが、こんなに簡単に分かれてしまう民進党とはなんだったのでしょう?
安保法制に反対してたはずが、アッというまに考えが変わるようです。
よ~く見てから投票したほうがよさそうです。

今回の投票は意義あるものですネ。 42パーセントの投票先を考えていない方の行方次第で決まるような感じ、国政は人任せではなく参加し初めて物を言う時代ですね。

けんこう館さん  おはようございます。

全く同感ですね。あんな簡単に分党をしてしまうとは、そう考えるとキチンと理念が合う党がいいと思いますが・・。難しい問題ですね。

最終的には、自己保身が優先をしたことだけでしょう。ここで本当の主義主張がみられたのでしょうね。これが、政策、目標であったら最高でしょうがね。(笑)

yasu  さん  おはようございます。

これで、すっきりrとしたしたような気もしますが、民進党もあまりにも幅が広すぎたような気がします。

それにしても自民党も幅が広いですが、多くは、権力派閥闘争ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院の解散に伴う離散・・:

« あの東芝が・・ | トップページ | 生家の見回り »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ