2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 新聞紙の回収 | トップページ | オービス »

2017年7月17日 (月)

パンク修理で

いつだったか記憶は確かでないが、納車されてからしばらくしてのパンクを経験をしました。幸いに車庫の中での気がついたので、タイヤを外してガソリンスタンドに持ち込み修理をしてきた。その時に応急タイヤに履き替えて持参しようとトランクルームをあけたところ、この車種は、「パンク応急修理剤とコンプレッサーが入っていました。それで相方の車で修理に行きましたが・・・。

P1030016その時から気になっていたが、これは、応急修理で恒久対策にではなく、中に修理剤が充填されることから、多くは、タイヤ交換になるとのことがあるとのことで、対策を検討しなければと思っていた。

パンク修理をDIYで実施するのは、難しいことではないが、その時に、現在の添付されているコンプレッサーの吐出口が、直接パンク修理剤のタンクを経由するので、修理後の空気充填ができない構造のようです。(利用済みの修理剤がないタンクがあれば・・ )

結局市販のパンク修理用具(重点ゴム 、接着剤、リーマー ラジペン)とコンプレッサーが必要になるし、時間もかかるような気がする。これだと従来の応急タイヤの方が、スタンドまでの時間が節約できるかもしれない。(どうして応急タイヤになったのか・・・・)

JAF入会であるので、基本的には、通常のロードサービスで通常のパンク修理は可能のようである。ここ15年間位はパンク修理をしたことなかったので、確認をするとJAFでロードサービスが受けれたようである。更にタイヤのパンク修理が不可能の時は、レッカー移動も可能なようである。

結果的には、通常の場合には、JAFに電話をすれば、このようなパンク修理等の付属品が不用のようであるが・・・。これもいろいろあるのでしょうね。確認をしたところ通常の出張修理は無料とのことでした。(タイヤとホィールを取り外し、タイヤの内側からの修理は、しないようです)

修理キットをあらためて見てみると、ジャッキ、 コンプレッサー 修理剤タンク けん引用フック 2本 タイヤナット 数十個 がありましたが、タイヤナットは予備にしては多すぎる。それにしてもコンプレッサーの接続パイプがあれば、メンテナンスに利用できると思われる。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 新聞紙の回収 | トップページ | オービス »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

私の10年前購入の車は応急タイヤがついてますが、奥さんが3月に替えた軽乗用車はパンク修理に関するものが付いているかさえ確認してないことに気づきました。(笑)
パンクということを考えなくなるくらい経験しなくなりましたね。

そのようですね。どうもパンクは故障並みのようです。JAFにお願いしましょう。
私も、パンクでそれではとタイヤがないことに気がつきました。(同じですね)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/65546471

この記事へのトラックバック一覧です: パンク修理で:

« 新聞紙の回収 | トップページ | オービス »