2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 特別警報発令 | トップページ | ガソリン安売り日 »

2017年7月 7日 (金)

大筋と大枠の違いは・・

新聞紙上での表現、「大枠合意」との表現がでてくるが、意味は、出典:デジタル大辞泉 で調べてみると以下のようである。EUとの貿易交渉での表現である。

物事の大まかな枠組み。「システムの大枠を理解する」「大枠で合意する」 [補説]「大枠理解した」のように副詞的にも用いる。

環太平洋の貿易TPPの時は、「大筋合意」であったが、これよりは進んでいない程度と思われる。

大筋合意とは、おおまかなところでは合意しているということで、要するに、「最終的には完全に合意するだろう」といういい加減な見込みで合意しているということ。

等の違い?があるとのことであるが、よくわからない。どうも 「完全同意」 、「大筋合意」、「大枠合意」のようであり合意の中でも合意度合いが低そうである。しかし合意したこともあるようで、チーズ、車等19年から実施とのことである。

いろいろと合意を段階的にしなければならないのは、合意をしたことをよりアピールをする必要からだそうです。「たまぐし色の合意」もあり、それぞれでの落ち着きどころらしいです。

このような表現では、精神的な安定感が得られるが、実施的な合意は、同意、不同意なさそうな気もするが・・。官僚の事務レベルの語句の使い方に感服です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 特別警報発令 | トップページ | ガソリン安売り日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大筋と大枠…なるほどと思いましたね。
役所や政治的な言葉、妙に感嘆します(´,_ゝ`)プッ

でんでん大将さんこんばんわ
いい言葉を使いますよね。文才がありますがそれより中身だと思いますがね。
本当に感心します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/65504953

この記事へのトラックバック一覧です: 大筋と大枠の違いは・・:

« 特別警報発令 | トップページ | ガソリン安売り日 »