2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今日の活動? | トップページ | 朱鷺の台カントリークラブ »

2017年5月19日 (金)

宅配クライシス

宅配便の急増等で、ひずみが出ているが、どうもこれは基本物流会社の競争での効率化を労働者に課してしまったようである。単に市場拡大を狙って値引きをして、営業をして、利益を上げるために時間外労働を増加させた。ある意味業界全体の課題としてとらえなかったのか歯がゆい感じがする。

日経新聞では、独自アンケートでこの問題を「宅配クライシス」として連載をしているが、どうも荷主の通販会社の7割が値上げをすることに交渉をするとのことだる。PN1-2ある面この企業は世論を味方にした経営戦略は、成功させた。(これは素晴らしいが・・・・)

値上げで得る資金は、主に従業員の待遇改善や採用拡大に充てるようだるが、これは会社の経営方針としても元々の基本が間違っていたことを認めたことでもある。

記事によると物流企業との運賃見直し交渉について「交渉を終了した」5%。「交渉中」(21%)、「今後、交渉する予定」(32%)を合わせると58%に上る。

交渉を終えていない企業が容認する値上げ率は「1割未満」「約1割」がそれぞれ23%、「約2割」が15%。値上げを「拒否する」とした回答も38%もあるが、概ね1割だそうです。

もしかしたら、荷主側の負担が1割であるが、消費者の負担がどれだけアップされるかは、通販会社の裁量になる。ちょっとプライム会員の値上がりはないことを祈ります。(苦笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 今日の活動? | トップページ | 朱鷺の台カントリークラブ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

宅配会社の料金って、個人と特定大口顧客とで差が有り過ぎたんでしょうね。アマゾンとかを優遇して、その比率が増え過ぎると宅配会社の経営を圧迫し、従業員へのしわ寄せとなっていた、ということかと思います。宅配料の値上げ、特に個人に対しての料金の行方が気になります。

同意見です。内情はわかりませんが記事等によるとそのような仕組みになっているようで、市場競争がダンピングになったのでが要因だ思います。

どうも1割ぐらいのアップのようですよ。どうもamazon等は、自社配送に切り替えるとの話題もありますね。ちょっと気になりますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/65301686

この記事へのトラックバック一覧です: 宅配クライシス:

« 今日の活動? | トップページ | 朱鷺の台カントリークラブ »