2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 自動車に5V電源を | トップページ | 寺と農協? »

2017年4月 6日 (木)

amazonが止まらない?

アマゾンジャパン(東京・目黒)は、出版取次を介さない出版社との直接取引を広げる。自ら出版社の倉庫から本や雑誌を集め、11沖縄を除く全国で発売日当日に消費者の自宅に届けるサービスを今秋までに始める。

アマゾンによる直接取引が浸透すれば、取次や書店の店頭を経ない販売が拡大。書籍流通の流れが変わる節目になりそうだ。

埼玉県所沢市に1月、設立した「アマゾン納品センター」を直接取引専用の物流拠点として使うのだそうです。

いま話題になてっている配達従業員の労働環境があるが、一方ではさらなる物流が行われようとしている。それでも進むのは、コストがかかるのは、企業が購入に負担を求めるのか、企業が負担をするのか、わからないが、ビジネスのモデルとしては、すごいシステムである。本来ならば、取次店の機能と本屋の機能を合わせて行い、出版元の負担が少なくなるが仕入れ値により実施できると思われるが・・。取次店、書店のビジネスに影響を受ける可能性が大であるが、流通革命でもある。

物流における労働環境の改善は、当事者の問題ではあるが、配達料へ転嫁も、便利さが優先される通信販売ですから、消費者の負担もあるかもしれない。

発売日に本屋さんまで出かけなくて、配達されるのは、便利であり、流れを止めることはできないと思われる。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 自動車に5V電源を | トップページ | 寺と農協? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/65115890

この記事へのトラックバック一覧です: amazonが止まらない?:

« 自動車に5V電源を | トップページ | 寺と農協? »