2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中国からの物品が届く | トップページ | 中国製品のメーター »

2017年2月14日 (火)

バルク品は??

届いた物は、注文内容と同じですが、これは秋葉原での懐かしい秋葉原での買い物で、取説なしです。
それでもこれだけ販売のカタログに書かれておりましたので、十分です。また忘れると困るるので、ブログにかいておきます。

(ブログのココログ最強検索 by 暴想さんおかげで簡単に検索できるようになりましたので、最強のツールです。感謝です)


商品の説明

電流計と電圧計がセットになっているお得な商品です。
・分流器 (シャント抵抗)は内蔵しております。
・バルク品のため、パッケージや説明書は付属しておりません。
・詳しい仕様書の無い中国製のパーツです。電気的な知識を必要としますので、初心者向きの商品ではありません。ご自身で十分にテストした上で、ご利用ください。
・海外生産品のため、若干の汚れ・傷などがある場合があります。
・裏面は回路が露出しております。取り扱いにご注意ください。
・配線を間違えないでください。本メーターや接続した機器を破損する場合があります。
・メーターの電源端子には、30V以上の電圧を加えないでください。30V以上の電圧が加わると破損します。
・電圧値・電流値のキャリブレーション用ボリュームが付いています。(中央寄りにあるのが電圧表示調整用、コネクタ近くにあるのが電流表示調整用)
・長時間連続して使用される場合は、放熱に関してもご配慮ください。(動作温度 -10~65℃)

【接続方法】
(細い赤線)→メーター用電源+
(細い黒線)→メーター用電源-
(太い赤線)→電圧測定用端子
(太い青線)→電流測定用IN(負荷の-端子に接続)
(太い黒線)→電流測定用OUT(負荷用電源の-端子に接続)


ちょっと疑問は、メーター用電源が必要なのは、どうしてかな?? もしかしてメーター電源は、定電圧でないとNGかな??バルクだから自分の責任で試してみるしかないですね。試験用電源で電圧をあげてみるか・・。

これでテスターを使わなくても発電電圧と電流が図れます。またソーラー発電システムが充実できました。これだったら、もう1個あってもよかったかなあ。(部品は、多めに買ってしまってIC 抵抗等の小物を処分すること多いので、ここ数年は、必要数だけしか購入しない)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 中国からの物品が届く | トップページ | 中国製品のメーター »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/64892987

この記事へのトラックバック一覧です: バルク品は??:

« 中国からの物品が届く | トップページ | 中国製品のメーター »