2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 衛星放送の無料 | トップページ | 朱鷺の台カントリークラブ »

2016年11月 4日 (金)

AI(人工知能)は未知との遭遇

今日の日経新聞の1面であるが、AI技術の進歩で人間の脳を超えるのは、2045年ごろだそうです。今は、せいぜいがパターン化された中からの業務の代行であるが、労働人口が少なくなる中での一助となり大歓迎である。

****日経新聞より抜粋****

建立1千年を超す中国・北京の名刹、龍泉寺でAI僧侶に出会った。
「うちの女房が怒りっぽくて困る」
「ただ一緒に生きていくだけさ。離婚はお勧めできないな」
身長60センチのロボット僧侶「賢二」が境内を動き回ると、参観客から「癒やされる」と声が上がる。高僧たちの膨大な説法データを解析し、人々の悩みや問いかけに答える。人に相談するより気楽といった若者が多く訪れる。

開発を主導した僧侶、賢帆法師は「賢二が来てから多くの人が寺と仏教に注目してくれる」と言う。中国でまだ信徒が多くない仏教を広めるにはどうすればいいか。悩んでいたときに思いついたのがAIだ。

心の救いを得る聖なる場にAIが入り込む。この現実に賢帆法師は「宗教とAIは矛盾しない」と言い切る。

******************************

       未知との遭遇 人類の飛躍か試練か2045年を探して(1)

*******************************
ここまで進化をしているようである。確かにデーターに基づき、かつ膨大な過去の経験等は僧侶を超えることは、容易に推定できる。このようなAI技術で作曲も同じで、トレンドを予想したり、そこに感性のAI等を入れることにより起こり得るなあと思ってしまいます。この記事の中断は 「人工知能がヒット曲を生む」 で書かれてありました。
最後は、人間のように臨機応変に対応するAIに生かせる。サイバー対策やロボットに応用すれば性能を飛躍的に高められる。それで兵器転用、核の二の舞いもある (たぶん実際は開発が進んでいると思われる) と論評であった。技術の発展は、もしかしたらこのような事態を生み出す可能性もあり、脅威でもある。しかしながらこの流れは止まらないと思われるので防御もAIで解決しなければならなくなるかもしれないですね。 あと30年後の現実だと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 衛星放送の無料 | トップページ | 朱鷺の台カントリークラブ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/64444184

この記事へのトラックバック一覧です: AI(人工知能)は未知との遭遇:

« 衛星放送の無料 | トップページ | 朱鷺の台カントリークラブ »