2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 金沢から仙台(直通新幹線) | トップページ | リボベジ(再生野菜) »

2016年9月13日 (火)

AMラジオのFM放送

地元の唯一の民放ラジオがFMでも電波を出していますが、手元のラジオの設定をFMにしました。さすが、音がよくAMノイズが全くなくまさにFMです。どの番組がステレオ放送かは不明である。これは、AM放送での雑音障害を軽減し、放送品質の向上を目指したものである。

確かに、無音時にノイズが格段に少なくなった。(あたり前か・・・)これで、アナログ放送用のアンテナに代わりFMのアンテナを取り付けたと思われる。

通常の簡易FMは、10wであるが、通常のFM放送と同じ1 KWのようでサービスエリアもそこそこあると思われる。これでは、従来のFM放送のスポンサーとの競業も出てくるが・・・・。と余計な心配をしている。最も公共有料放送会社もいるので、視聴者層への影響は少なそうではある。

詳しくは MROのホームページ でご覧ください.

無縁局のコールサインは、放送内容が同じなので追加は内容で、設備の追加になっているようです。(ちょっとマニヤックかな)

「MRO金沢FM」
放送区域及び放送区域内の世帯数:石川県の一部  33.3万世帯(申請による)
送信所設置場所:石川県野々市市押野
電波の型式、周波数:F8E 94.0MHz
空中線電力:1kW
最大実効輻射電力:2.2kW

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 金沢から仙台(直通新幹線) | トップページ | リボベジ(再生野菜) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ホンダのアクティトラックが回帰?しましたが、
FMラジオもですか。
あちこちでぼちぼち開局しているようです。
FMラジオは最近のはたしか90メガヘルツまでになっていましたが、
また108までに戻るんでしょうかね。
AMのFM?はひと昔まえのTV 1、2、3ch対応のワイド仕様機がそのまま使えると思うので楽しみです。

マニアックな僕も気になりますね。
最近は24時間放送が当たり前になったので終了時のコールサイン等を見聞きすることも少なくなりました。
NHKなら君が代、民放はそれぞれ特長あり。
実はそれが大好きで、関東で仕事をした時は持ちこんでいためちゃミニのHi-8で終了画面を録画しまくりました。

宮崎は今も昔もNHK2波とUMK、MRTの4局で、関東のたしか12チャンネル全部うまっていたのに驚いた記憶があります。
FMもたぶんナックファイブとかが開局したころでバンド内がにぎやか。
チューナーでは近接局とのなんとやらとかの性能をうたったのもありますが、
地方ではそんなのは無関係でしたが関東では必要性を感じました。
小松に戻ったときはFMのハローファイブとHAB北陸朝日放送が立て続けに開局し、
すごく楽しかったです。

番組もたくさん録画し、特にCMは貴重ですね。
ただ、みなさん?と同様、保存状態と再生機の問題に直面しています。

そうですね。そういえばテレビの音声が入るAMラジオがありましたですね。
それだと大丈夫のようですね。

媒体が増えたことで、サービスが拡充でき、かつ品質も良くなりいいkとだと思います。アナログテレビのVHFの空きがこのような形で利用できて、デジタルの恩恵の一部ですね。

地域内のローカルFMもいくつも出ており、時々楽しんでおります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/64197084

この記事へのトラックバック一覧です: AMラジオのFM放送:

« 金沢から仙台(直通新幹線) | トップページ | リボベジ(再生野菜) »