フォト

« 挙式のため | トップページ | 千里浜カントリークラブ »

2016年6月 7日 (火)

権力と公私混同

何処の社会でも起きてしまう「人間」が多いことか。権力のトップは勿論会社組織の場合も同様な事象が起きている。基本組織では、トップは、責任をとるためいる。その権限で仕事をするのは、組織として力が発揮できないのは、常識であると思っていた。

政治学者にあってもこのような間違いを犯すのですから、学者の政治学者である以前の人間性とかが問われる。

権力→公私混同はその線上にあるように思われますが、ダイヤモンドに「小宮慶一の週末経営塾」掲載されていた記事によるとこれは、非常にわかりやすい物差しがあった。

公私混同を判断、「部下が同じ事をしたら許せるか」

だそうです。これは俺だからいいだろうなんて思考するより簡単である。

まあちょっと記者会見では、のらりくらりだし梅雨の入ったこともあるが、はっきりしない回答ばかりであった。問題は、その都政の執行を管理できなかった都議会議員もはっきりしないのは、どうしてだろうか不思議である。これも先の例により、その対処をしな議員を選挙民として許せるのでしょうか。いずれにしても行政もしかり、議会もしかりでは、誰が選挙民を代表しているのか、わからなくなっている。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 挙式のため | トップページ | 千里浜カントリークラブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 権力と公私混同:

« 挙式のため | トップページ | 千里浜カントリークラブ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ