2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 災害とSNS | トップページ | 録画用HDD その2 »

2015年7月21日 (火)

twitterの利用に

昨日、Twitter と災害情報の収集システムのアップをみて頂いて、知り合いからメールを頂きました。[書き込みでもよかったようですが・・)

Q1.誰でも利用できるのか A1できますが、基本は誰でもが災害等に20150720ついて地域状況、被災情報、等を被災地者が書き込む必要がありますね。

Q2 それでは、Twitter を日頃から使っている人が多くいないとむりやね。

A2 そうだと思いますし、Twitter が使える環境も必要です。

そのために

Twitterの掲示板を 町会組織、連合町会組織、金沢市等の災害掲示板単位で設置する。(組織的には行政単位の共通の方が利用しやすいが・・・)

それで時々、災害注意報、火災発生情報等をツイートをしておくと個人的もメリットが利用価値が出てくる。(普段から個人へのメリットがないと誰も利用しない)

災害や何かの時jには、住民がここにツイートすれば、必要なセクションでその対応ができると思われる。

普段は、道路が傷んでいるとか、行政への依頼j事項をアップすれば、災害時の演習にもなり効果的だと思います。

金沢市でもSNS(facebook、twitterを確認)で情報の発信をしているが、コメントとか回答はしないとのことで、ホームページと同機能である。

等の話を書いておきましした。(原文とは相違するが・・・)

安否確認システムも便利でいいが、ちょっと定型以外の情報確認しかできないデメリットもあるので、このようなインフラの活用が望ましいのではないかと思います。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 災害とSNS | トップページ | 録画用HDD その2 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近はどこの自治体でもSNSを防災に活用の動きのようですね。
僕の住む宮崎でもそのような動きは見られます。

しかし僕はSNSは面倒なのでやっていないです。
数年前に知人のすすめでツイッターをちょこっとやりましたが(アカウントはもっています。)次から次に反応を求められるような
脅迫感情に押されてすぐにやめてしまいました。

それに行きつけのプログとその他のアクセス、
あとは通常のメールのやりとりで一時間くらいはあっという間。
テレビすらまともに見ない生活をしている者にSNSに付きあう
時間はないです。

でも、インフラはあったほうが良いので対応はしようと思っています。
手初めにツイッター再開でしょうかね。

小松が連日35℃で、今日は37℃とか言っていました。
小松を離れてすでに20年以上経ちますが、何かと
懐かしいです。
最近は連ドラでちょっと懐かしい響きが聞こえることもあり
うれしいです。

人恋しくなり、
小松時代に大変お世話になったリンクTMという家電店に
電話しました。
"無事"でなによりでした。
離れてもたまにお買いものをしています。
そろそろ携帯ラジオが年季が入ってきたのでこんどは
ワンセグの入るのを求めようと思っています。

マピオンで近隣を眺めてみたら、当時お世話になったお店や
住んでいた浅野ハイムA棟も掲載されていてとても懐かしい時間を
過ごしました。

ロミエル酒井さん おはようございます。

どうも最近はのインフラの中にこのようなSNS的な要素も入れなくてはいけないような気になっています。

私もブログとfacebookで一杯で、twitterまで至ってはいませんが、一応アカウントもあり、たまーーにツィートをしています。
先般も金沢市を入れるようにしているのですが、これがツィートが多すぎてみるのが面倒にになります。どうもほどほどの回数とかがありそうで、システムのそれぞれの使い方があるように思います。ホームページ、FB twitter とかの特質と受けてのへの配慮も必要だと思います。
災害の場合も平常時からの訓練だといって、あまり回数が多いと大変なような気がしますし難しいものですね。
行政も担当者が違うので、横の連携が少なそうで、うまく運用されていない様子でした。(苦笑)
市民目線での利用促進を図って、インフラにしてほしいと思います。

ほんとですすね。「 まれ 」で石川県のなまりが全国に配信され、結構反響があり、しばらくこれで能登は賑わっているそうです。

はいわたしもですが、googleマップで写真等もみれますので、以前に住んだところの近況等をパソコンで楽しんでおります。

コメ返(勝手に造語。)ありがとうございます。

本当におっしゃる通りで、
僕は市の災害メールに加入していたのですが、
定期メールはともかく、
台風などが来ると刻一刻とメールが来て、
本体よりもこっちが嵐?でなんじゃこりゃ!状態。

そもそもこのパソコンを設置している場所が台風になると冠水する
危険性があるし、大雨とかで落雷になると電源を入れないので
その間に"嵐"を受信していても意味がありません。

本体が過ぎたり風雨がおさまったりして立ち上げると
なんか重くて立ち上がらず、
再起動してみたら、たまりにたまったメールが一斉に…。

というのが毎度のことで、
今の僕には意味ないじゃんと思い、
大変申し訳ないと思いつつ、市の災害メールは削除いたしました。

結局は常時上着のポケットに入れている携帯ラジオ(ソニーICF-RN933)で聞くニュースが一番です。
立ち上げは瞬時です。
時事ネタもNHK第一で毎時やっている5分スポットを1日一回でも聞けば十分です。
気になったものがあれば朝刊を見ればだいたい類似のニュースはあります。

あとはさわりを言えば、教えたがりの物知りがダァ~っと語りますので大丈夫です。
(こちらは信ぴょう性はあやしくなりがちですが、そんなものとして聞きます。)

ネットやスマホのニュースは偏りがちなのと僕にとっては"雑音"が多いので基本的にスルーです。

ロミエル酒井 さん

はい、私も同感で情報の発信回数が多すぎて面倒になりますね。定期はいいのですが、情報はそこをクリックすると見れるようにしておけば、その発生の都度ツィートをしなくても気がついた時にはみるでいいような気がします。もちろん地域緊急性のある情報は、その都度でいいのですが、もう少し、情報の出し方を総合的に検討をしてもいいような気がします。縦行政で、市民サイドの目で見ていない。
担当者にとっては、そのそれぞれの広報を懸命にやっているのであようけどね。
金沢市の場合は、催事の情報をそれぞれ個別に発信していますのでツィートの数が多く受け手にとっては雑音以外の何物でもなくなる。このような情報は、ホームページに誘導出来るような気がします。

まったく同じで、九州宮崎県延岡も北陸金沢もあんまり変わらないのかなと思いました。

あれこれ新しいツールが出ると行政も受け手もそれなりに"がんばり"ますが、結局飽きられるのでしょうかね。

ヘンな例ですが、
カップラーメン。
いろんな味が次から次に出ます。
おいしいです。
でも、ある日既存のしょうゆ味が妙に恋しくなり、
結局は"カップスター・しょうゆ味"に手が伸びます。
原点回帰。おいしいんですよね。

情報ツールのそれが前のコメントでも述べた
携帯ラジオです。

それと汎用の単四電池一本のスピーカー使用で16時間くらい連続稼動っていうのが
最大の強みです。
利用料はないし、
普段は充電式電池を使っているのでランニングコストは恐ろしいくらい安いです。

僕の作業着のポケットにはデジカメとスマホ、メモ帳とボールペンを常時携帯。
僕が普段の生活や作業以外のお出かけ、夏でも通年で同じ作業着を着用しているのはそのあたりもあります。

ロミエル酒井 さん

どうもお世話になっております。おもしろいたとえですね。まったくで困った状況です。
どうも最近は、情報過多になっているようで、少し減らしてくださいと言いたいです。もっと工夫をした情報提供を考えてほしいものです。

確かに情報入手は、最終的には、ラジオだと思いますので、これはすごいインフラで大事にしてほしものですね。私もラジオを聴きながらのながら作業で、キャスターを中継場所等で見かけると声をかけそうです。(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/61927791

この記事へのトラックバック一覧です: twitterの利用に:

« 災害とSNS | トップページ | 録画用HDD その2 »