フォト

« ある機関誌のコラム | トップページ | 定例会の幹事 »

2015年4月11日 (土)

光触媒と太陽光で安心して飲める水をつくる

jn130805-6-2水資源が無尽蔵にある日本でこんな研究が行われて実用化されているようです。水の資源の少ない汚れた地下水をきれいにして飲料水にするシステムで、トラックでの移動も可能なようである。外国の汚染水の飲用可能な水にすることができれば、多くの人が恩恵を受けることは、確実である。

4/10の日経新聞の片隅にのっていた小さな囲い記事であるが、Panasonicの地道な研究開発が報道されていた。それで調べてみるとかなり以前に報道発表がされて、インドで実証実験をしているそうです。このようなことが、円借款や開発国の支援で使える支援ではなかろうかと思う。原子炉の輸出もいいが、このような身のまわりの技術開発も大切ではなかろうかと思います。


【効果】

世界規模での人口増加、工業化の進展により、利用可能な水の不足が顕在化しています。本技術によって、地下水などに含まれ除去が難しかった有害金属などを最大99.99%無毒化できるため、従来困難であった地下水源を、新たな飲料水源として活用できます。また本技術では、光触媒と太陽光に含まれる紫外線のみで水を浄化するため、塩素や薬剤などを利用する方法と比較し環境負荷もありません。


とのコメントがあったが日本でも利用できる場所があるかも知れませんね。

パナソニックの光触媒水浄化技術~光触媒と太陽光で安心して飲める水をつくる挑戦

詳しく書かれておりますが、化学がわからないので理解できませんが、飲料水になるそうです。ウインク

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« ある機関誌のコラム | トップページ | 定例会の幹事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

世界の必要としている所に どんどん提供してほしい技術ですね。
お金をばらまくより 価値が有ると思います
不思議に思うのは たとえば人が行けない危険なところで活躍するロボットの開発とか 凄く役に立つはずなのに 実用化されるのに時間がかかり過ぎる事です。
お水をきれいにするのは とても良い事で、安全に出来るのなら尚更役に立つことです。ドンドン世界の必要とされる地域に技術提供してほしいとおもいます。

まめこ さん  こんばんわ

そうと思ってこの記事を読ませていただきました。海外へのJAICA等での水に困っているところが多いと思いますのでいいかと思います。

中近東の国でも川がゴミ箱化しているところもありますから浄化に使えるかもしれませんね。

私もそう思います!地道に皆のためになる技術開発をする・・・日本らしくていいじゃないですか^^/

キハ58 さん こんばんわ
ありがとうございます。統一選挙に出ればよかった。(笑)

でも地道なメーカーの技術開発ができる環境が必要ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光触媒と太陽光で安心して飲める水をつくる:

« ある機関誌のコラム | トップページ | 定例会の幹事 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ