フォト

« 連続テレビ小説 まれ 繋がり? | トップページ | スマートホンの取替 »

2015年4月21日 (火)

海賊とよばれた男

「海賊とよばれた男」 百田尚樹作 の新書版が発売されたとのことで、ご近所の方が読みませんかと貸してくださいました。


001戦後これから日本はどうなっていくのだろうかと、全員が途方に暮れて失意に包まれているとき、毅然と店員を集めて話す男がいた。国岡商会の国岡鐡造店主である。

わずかに残った店員を前に、鐡造は「愚痴をやめよ、愚痴は泣きごとである。亡国の声である」「日本には三千年の歴史がある。戦争に負けたからと言って、大国民の誇りを失ってはならない。すべてを失おうとも、日本人がいるかぎり、この国は必ずや再び立ち上がる日が来る」と訓示を述べた。


等と表現されているが本屋大賞に選ばれたベストセラーで、読んでみることにしました。

国岡商会の国岡鐡造店主は、出光興産創業者の出光佐三をモデルとしている。国岡鐡造の一生と、出光興産をモデルにした国岡商店が大企業にまで成長する過程が描かれている。

作者は、NHK問題や、やしきたかじんさん等でも論議を読んでいる方であるが、割り切って読んでみることにしました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 連続テレビ小説 まれ 繋がり? | トップページ | スマートホンの取替 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。本はしばらく読んでません(-_-;)。「海賊とよばれた男
おもしろそうですね。出光佐三というひとが出光興産の創業者だと
初めて知りました。またお邪魔させていただきます。

私も数か月前、文庫本で読みました。
ほぼ史実なんでしょうが、若干フィクションぽいところもあるような気がしました。
でも楽しめる本でした。

フーミン さん

はい 「読んでみない」 と言われたので読んでいますが、基本このようなのは好きです。(苦笑) 下町のロケット 古かったですね。
出光を勉強します。(笑)

ギター弾き さん 

遅れなせながら・・・・・です。 ちょっと誇張があっていいいかと思います。それにもまして、実績が残っているのが現実ですからね。
サイトには、登場人物のとモデルが対比されているところもあり、面白いです。
作者自身は、いろいろ物議を醸していますが、取材はされているようです。もっとも出光の協力もあってでしょうがのおもしろいのがいいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海賊とよばれた男:

« 連続テレビ小説 まれ 繋がり? | トップページ | スマートホンの取替 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ