フォト

« ローソンが変わる? | トップページ | ある機関誌のコラム »

2015年4月 9日 (木)

ドコモとLINE等の無料通話

先般、知り合いの方から、ドコモの携帯を使っているが、通話やメールはLINEで行うので

本当は、ドコモもいらないのだけど・・・。
どこでも月の使用料が安ければいい・・・。
とのことである。

実に単純な明快であるが、これでは、確かに通信事業者の存在意義になるが、通話等の「基本サービス」はすでにLINEやその他のサービスで対応できるようになり、通信サービスの多様化により通信事業者か区別が不明確になりつつある。

強いて言えば、通信設備をを自ら所有している通信事業者(第1種)とそれ以外の業者の違いである。通話収益の伸びや、データー通信量の定額に伴い、これでは、技術開発、設備投資の契機に繋がるよとは思えない。まして、事業者間の競争で、品質競争にはなりえないような気がする。

005今頃、電気通信事業者への料金にの認可等の規制があり、片方では、通信設備を持たなくても、コンピューターだけの設備で認可サービスと同様な(似たような)サービスを無料で実施するなど、これでは、競争なんてあり得ない様な気もする。
グローバルな通信業界での技術開発、システムの標準化に向けての競争に対応可能かの懸念もある。007

今後、移動通信業は、どのような方向性を目指すのかこれも大きな課題かと思う。

それにして花冷えをとおりこしての冬に逆戻りの日ですが、近くの桜が満開で咲いておりましたので、ちょっと寒過ぎで、デジカメで写して、早々に退散で戻ってきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« ローソンが変わる? | トップページ | ある機関誌のコラム »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きのう読んだ…んー元記事はNIKKEI trendyのWeb版?
URLがわかりませんが、
価格破壊の先陣を切っていたIIJが、業績を下方修正したことから、
MVNOがもうすでに限界に達しつつあり、格安スマホを売ったところで、
パワーゲームになり、業界が大再編するだけである。
との記者の見解でした。
もう飽和してしまったスマホではなく、IoTなど新たな市場への注力が必要とのことでした。
ひでさんの仰っていることも同様ですね。
ひでさん、さすがです。

はい、日経新聞の隅っこに掲載があり、ウンどうしようかと検索をしたら一杯出てきました。
規制の少ないLINEと通信業者の通話では、どうにもならないし、違う活路を見つけて設備投資をしてほしいと思います。

これは、キャリアを2本合せて使う4Gとその後継の5Gが見えていますので、元気な企業でないと日本の通信産業がこけてしまいます。今後は物につくでしょうが、すべて定額ですから大変です。


儲けた金を金儲けではなく、設備投資と利用者還元をしてくれる会社を応援しましょう。(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドコモとLINE等の無料通話:

« ローソンが変わる? | トップページ | ある機関誌のコラム »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ