フォト

« HDDの準備を? | トップページ | 地場産業 織物 »

2015年2月26日 (木)

「あの上司 記憶の容量 フロッピー」

気温もあがり薄日が差してきたので、久しぶりに例の練習場に出かけました。練習の後休憩室で、コーヒー自販機の珈琲を飲みながら日経を読んでいて、春秋にコラムが気になった。

確かによくある話であるが、私もよく忘れるので、カードは決めてあるが、IDやPASSWORDは結局ノートにメモっているのが実情で、アナログそのものである。

「あの上司 記憶の容量 フロッピー」だそうですが、ちょっと不思議な気がしていましたがどうも非常に憶えや、考えの容量がないことらしい。確かに今では、フロッピーは過去で今はUSBやSDカード等の時代ですから頷ける話である。

サラリーマン川柳であるが、100首の中からの投票であるが、いかにもその年の時勢を表現していてどれもうなずけて眺めていて、ニヤッと笑ってしまいました。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« HDDの準備を? | トップページ | 地場産業 織物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひでさま
こんにちは。
私も読んで思わず
それでフロッピーが沢山あることを思い出しました。
一度点検して必要な物はに保存しようと
思っております。

学校の実習でNCマシンを使ったときは紙テープだったと思います。
今ではCDROMですら過去の物ですね。

マコママ さん こんにちわ
あれあれ、私もフロッピーはバックアップ用のHDDにしまいました。そんなに必要もなかったのですが・・・。データーも少ないのですぐですね。
FDDがあるかですね。古いパソコンでもあればいいですね。
このように言われないようについていこうと思います。(笑)

ポンポコぽこたん さん

これまたレガシーですね。紙テープは、センターマシンのコンピューターはこれでしたですね。一生懸命テープを作り、センターに送ったらエラーが出たこれの繰り返しのような時代でしたですね。

NC旋盤は、今は、パソコンですね。少し前に見せて頂きました。技術進歩はすごいですね。

8インチのフロッピーを使っていました。
同じ容量(たぶん)で5インチになった時はびっくりしましたが、
それが3.5インチになったときはカルチャーショックを覚えた記憶があります。

そんな僕がこうやってパソコンを普段に使うなんて、
その当時は考えもしませんでした。

そうそう。スマホもです。

あのころはケータイを持とうとしたら50万円の保証金?とか、
もっているのは会社の社長かその筋の人とか。
(アナログでしたのでおもしかった。)

ケータイは距離で番号が変わる?
何キロ以内は何番…で、超は何番…とかいう時代だったです。

ポケベルというのもありましたね。
当時の女子校生はポケベルをも自分流に使いこなしていましたよ。

ああ懐かしい。

ロミエル酒井 さん

はいそうでしたですね。私は、HPベーシックでストリーマーを記憶しております。一行毎の表示で良く間違いましたです。(笑)

それから比べると隔世の進歩ですね。あの頃は、外車1台くらいの値段がしておりました。

アナログの自動車電話が、日本の自動車電話が最初でですね。携帯は、ショルダーホーンから一気に技術革新が起きましたですね。最初は、保証金は、20万円でしたですね。大臣、知事等の車ついていました。

ポケベルに文字を送ったことが、携帯メールの技術先導になったと思いますね。懐かしいですね。(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あの上司 記憶の容量 フロッピー」:

« HDDの準備を? | トップページ | 地場産業 織物 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ