フォト

« もつ鍋で・・ | トップページ | 新幹線と在来線の広報 »

2015年2月 7日 (土)

高速道路の逆走


春秋   2015/2/6付
高速道路でおじいさんが車を走らせている。するとカーラジオから「高速を逆方向へ走っている車が1台あります。気をつけてください」とお知らせが流れてきた。周りを見渡して、おじいさんが驚く。「なんや1台どころじゃないで。全部こっち向いて走ってるがな」

▼桂文珍さんの高座で聞いた笑い話である。落語のネタになるほど有名になってしまった逆走は、もちろん実際には極めて深刻な問題だ。警察庁によると、昨年1年間に高速道路では計224件確認されている。このうち12%のドライバーは認知症だったというから、なによりまずこの方面での対策を急がなければならない。

▼しかし、残りが9割近くある。普通に運転していても逆走につながる恐れがあるとすれば、それは道路の構造などハード面の問題ということにならないか。見知らぬ土地を走っていて、突然高速の出口に迷い込みそうになった経験を持つ方もおられよう。高齢者の側にだけ問題があるかのようにいう風潮には疑問を感じる。

▼商品のラベルに印刷された注意書きは、字が小さすぎて読めない。「こちら側のどこからでも切れます」と書かれた小袋は、指先に力が入らずどこからも切れない。お年寄りにやさしい仕組みこそが、すべての人にやさしい仕組みのはずだが、社会はまだそうはなっていない。だれだって皆、必ず高齢者になるはずなのに。


p08との記事を読んで、高速道路の逆送の防止をはじめ、道路標識や構造を変更をすべきである。この記事のとおり、すべての者が高齢者になるので、免許の返納も施策ではあるが、間違いが起きにく構造にする必要もあるように思う。家電製品、車両とも万が一場合のプロテクションが装備されるようになってきたように、道路もそれなりの工夫が必要な気がする。過疎地、公共交通の少ない高齢者は車が足であるので、外出等でかかわりで痴呆予防等が誘発することになる。施設側、車両等にも工夫が必要な気がする。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« もつ鍋で・・ | トップページ | 新幹線と在来線の広報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

笑い話が現実となってきました。

そのときに真剣に取り組んでいれば、こんなことは起きなかった事例の典型と思います。
東日本大震災のことも、不謹慎ではありますが、
かつての映画等でそっくりのシーンをかなり前に目撃していました。

逆走ですが、
実は僕もやったことがあります。
高速ではなく、自動車専用道。
8号線バイパスみたいな構造の道です。
入口からちょっと入ったところで下りてきたクルマが
警告したので我に返り、事なきを得ました。

当時、長距離トラックの運転手をしてしまして、
連日の過労運転でフラフラでした。
早朝5時ごろ。
目的地まではまだ距離はありました。
連日の疲労蓄積で仮眠とりながら少しずつ前進していました。
赤信号があっても、なんで止まらないといけないんだろう?
みたいな思考力も散漫。
そんな感じで走っていた時、山口県の2号線バイパスに上がろうとした時、入り口を間違いました。
普通ならあり得ないです。
僕自身もびっくりしました。

道路、構造的にコレはまずいなという所、たくさんあります。
改善要望してもなかなか届かないのが現実です。
大きな事故が起きて、初めて重い腰が上がるのか、ようやく改善
というのがおおかたのパターンですね。

それが有力者とかなら一発で決まることもあるので、
どうしても気になるとこがあればその手を使うこともあります。
ところが有力者というのは、庶民とはかけ離れた人が多いので、
その人に納得してもらうまでがなかなかだったりします。
納得さえしてもらえば後は早いのですが。

僕の身近なところとしては、
原付バイクの2段階の表示をぜひとも交差点内の信号脇に置いてほしい。
手前に標識があっても見逃すことがあります。
あの標識は原付一種には命綱です。
改善を要望したら、法定速度で走っていれば標識は見逃すはずがないとの回答をいただきました。

法定速度でも見逃すことがあるから要望したのですけどね。
警察さんとか道路見回りの方は原付一種では走らないので
その危機感が全く分かっていないのだと思います。

あとは僕が免許をとって、
原付2種以上となるしか方法はないと思っています。

ロミエル酒井さんありがとうございます。たくさんの具体的な御意見を頂きありがとうございます。全く同感です。
原付の件は、またく意識をしておりませんでしたが・・・。バイクに乗らなくってから相当空いていますが、都会で家内の自転車代わりに使っていました。(もちろん学生時代もですが・・・)
今度はどこかでしっかり見てみます。このコラムを読んでそうだ視点を変えなくてはいけないなあと思いました。一般の道路でも見やすいように間違わないように表記を工夫しているので、もう一歩踏み出し、年寄りでもわかるような案内が望ましいですね。一方的に免許証返納でもないような気がしました。
行政等の皆さんは、今の状態がベストであるとの認識と自発的でない他動的な意見は自然とリジェクトベースになる傾向が多いです。(苦笑)サラリーマンもそうかな??。視点を変えてみないといけないです。

ひでさま
いつも有難うございます。
この記事は私も読みました。
笑いごとではありませんよね。
この所よく事故につながった記事をよく
読むことが多くなりました。
我が夫も高齢者、おまけに車も古い!
この頃は遠出もしなくなったので
少し安心ですが、油断は出来ませんね。

この記事私も読みました。そして逆走が意外に多いことに驚きました。12%が認知症って、注釈に何の意味があるかな?って思います。hideさんの言われるように9割くらいは認知症とかと関係なく逆走してる訳で、道路の構造上に問題があると考えるべきですよね。”製造物責任法”的に設計者にも責任を負わすようにすれば安全をもっと考慮した道路になるでしょうけど。

kiwatti さん おはようございます。

年寄りだから逆走との思考はどうも頂けない対策になるような気がしたので、でもこの対策が簡単に実施できるので、適正検査、免許証返納などが採用された気がします。

確かにこの施策もあるかと思いますが、道路、車の対策も進めてほしいです。道路の構造により安全が左右されますね。いずれにしても私の世代は、動作が緩慢になっていますので、スピードは控えを心がけています。

マコママ さん おはようございます。

ちょと注意力散漫になり、コメントが前後をしました。スミマセンです。
たくさんの方が気になったようです。一概に年寄り年寄りでは困りますが、対策は、技術の力で解決をしてほしいものですが、それでも運転者の自覚が一番ですので、体調を測り運転ををしたいものです。
今の車は、衝突防止ブレーキ、道に迷うこともなく、案内をしてくれて便利です。私の車も古くなりましたのでボチボチと最後の車かなと思っています。(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路の逆走:

« もつ鍋で・・ | トップページ | 新幹線と在来線の広報 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ