フォト

« IP電話と停電 | トップページ | 草木染めの体験 »

2014年12月11日 (木)

氏神様からお便り

001新興住宅地に住んでもその土地に氏神様は以前よりお住まいで、その土地や住む住民のために氏神様がまつられている。ちょっと仏教等の違った視点のでの神道である。

神仏合せてお参りをする日本の宗教の変わったところでもある。これも昔の神仏混合の時代からの流れがそのまま人の中で残ってしまったのでしょうか?

地元の氏神様は、毎年この時期に、御札を交換のために各家庭にチラシが入ります。生家の方では、このようなことはなく、神主(宮司)さんが、氏子の家々を廻り、そこの祭壇にお参りをして、お札を入れ替えてくれたような記憶があります。

ここでは、これに記入をして、封筒に御札を入れて廻っている氏子さんに新しい札と交換するようで、後で、自分で神棚にお入れをする方法です。

それでも新興住宅地等は、わからないので、一応の目安の金額が記入されており、現代風になっています。それでも宮司さんから、強制をするものではないとの断わりも記入してあります。これは信仰ですから、するもしないも自分の判断ですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« IP電話と停電 | トップページ | 草木染めの体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氏神様からお便り:

« IP電話と停電 | トップページ | 草木染めの体験 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ