フォト

« 納 会 (貴船) | トップページ | スノータイヤ取替 »

2014年12月 7日 (日)

時鐘(北国新聞)  12月6日

img299

今朝の時鐘から、先般の当ブログの内容ににた記事が掲載されていたので、クリップ致しました。

能登の人から、喜寿を迎えたから年賀を遠慮するとの風習はないが、皆さんは卒世間の風潮があるかも知れない。当時は、終活なんて用語はなかったでしょうから、ある意味世間のしがらみからの解放かもしれないです。

確かに社交辞令的な年賀状もあるが、ある意味少ないお付き合いでも年に1度のご挨拶はしようとの気持ちもあるような気がする。個人的には、終活のイメージもあろうかと思うが、この世の中ですからSNS、やメールでの近況報告でもいいような気がします。ボチボチ終活かなと思うことn機会を得たので、整理をしようと思います。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 納 会 (貴船) | トップページ | スノータイヤ取替 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たぶん、はじめまして。
雷に強い蛍光灯安定器を検索していて来てしまいました。
懐かしいですね。
実は、平成元年から5年ほど小松に住んでいました。
ブログに石川と出ていて親近感。
地元の方ではと思い、お便りしてみました。
あれからすでに25年ほどたちますが、
石川県と聞けば、すぐに見てしまいます。
今は故郷の宮崎です。
今頃は連日しぐれでしょうね。
文化の日くらいまでは晴れますが、それからは4月くらいまで
ずっとどんより。
こちらでは連日のようにある快晴は冬シーズンは片手くらい?
それが休日と重なるのはシーズン1回あるかないかでしたね。
当初はえらいところに来たものだと思ったものですが、
人の心はあたたかく、
帰郷する間際にはさみしいものを感じたものです。

さて、蛍光灯ですが、
雷に強いのは昔ながらのグロー式です。
効率とかは仕方ないのですが、
小高い小屋は雷の影響があり、
たびたび機器が壊れます。
蛍光灯も電子点灯管でさっとつくようにはしていますが、
ひと夏の間に破損することがあります。
また、湿気の影響もあり、
雨が続いたり、急に温度上昇して結露したときはつかないときがあります。
いずれも旧式のグローでは問題なく点灯。
電子式はダメです。
器具も古くなってきたので更新も考えなくてはならないのですが、
最新機器はデリケートなのでためらうものがあります。
それでもいづれは交換せねばならないので、少しずつ様子をみようと思います。

とりあえず、とっても懐かしいのでお気に入り登録しておきます。


ロミエル酒井さん ようこそおいで頂きありがとうございます。
小松にお住まいだったようですね。転勤族でしたか。でも宮崎は、いいところですね。懐かしいところでもあります。
小松も新幹線の波及で振興を図るため多くの施設ができているようで、変わりつつあるようです。少し不便ですが、石川へもおいでください。
宮崎~福岡~小松でしょうかネ。(もっとも宮崎の北と南では違いますが・・・)

雷は厄介ですね。確かに電子機器は、落雷に弱いですね。山上に機器のある建物では、被雷器なるある程度大きいサージをアースにおとしてくれる「アレスター」なる機器があります。普通の物は、そんなに高くなかったような記憶があります。200V 100Vでしたら、アースを作りアレスターでいけるような気がします。

ぼちぼちやっておりますので、またおいでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時鐘(北国新聞)  12月6日:

« 納 会 (貴船) | トップページ | スノータイヤ取替 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ