フォト

« 白山スーパー林道まで | トップページ | ナンセンスとは »

2014年11月 1日 (土)

とち餅

白山山麓には、土地の実が採れるが、これを手間をかけて、お餅にして食料としたした名残で、このとち餅は、この辺りでは、重宝がられた。以前には、午前中には売り切れが続きていると聞いていたが、夕方の「道の駅 瀬女」の売店に残っていました。5個700円でした。
007以前の記憶では、何も入ってないような気がしましたが、こしあんが入っていました。食べてみると腰があり、栃の実の香りがして昔ながらの味でした。スマイル(画像は、違うメーカー?さんです)
昔はお米や蕎麦が取れない時に栃の実をとり、これをお餅にした先人の知恵にビックリです。当時は、どのようにしてこの実が食べられるのか加工の技術も素晴らしい才能です。ある意味現在での技術に通じる偉大な加工品です。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 白山スーパー林道まで | トップページ | ナンセンスとは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とちの実で手間暇かけて作ったとちもち美味しいですね。
最近あまり見かけません。
食べたいですね。。。

おキヨ さん
そうですよね。手間がかかって大変かと思いますね。普通のお餅でない香りがいいですね。ここでもちょっとしたブームもありましたが・・・。
品切れでしたが、今はそうでもなさそうです。お出かけくださいね。

地元に戻ると必ず食べる逸品です。
これ美味しいです。

たけやん さん  おはようございます。

あれあれ故郷でございましたか、それはそれはいくつかのお店があるようですが、瀬女でかいました。お餅だけで餡のないのがあったような気がしましたが、ありませんでした。美味しかったです。

 栃の実は、札幌の私のウォーキングコースにもたくさんあります。9月の中旬には、沢山の実が落ちていました。その実を拾っている方に「食べるのですか?」と聞いてみると「これ食べるには、大変手間がかかるのよ」「孫の玩具にするの」との返答でした。
 あ~、栃餅食べたくなりました。Gonちゃんでした。

Gonちゃん お晩です。
そうなんでしょね。聞いてみたりすると手間と時間がかかるらしいです。さらにうまく出来ないとも聞きました。拾ってくるのはいいのですが・・・。その後は・・・。
おしいのを買ってくる方がいいようです。こちらでも少し離れたところでないと販売していません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とち餅:

« 白山スーパー林道まで | トップページ | ナンセンスとは »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ