フォト

« 町内会のボランテアで・・ | トップページ | 10月21日  ~千里浜カントリークラブ~ »

2014年10月20日 (月)

「お・も・て・な・し」のこころ

北国新聞10/20時鐘から

おもてなし」で大切なのは「聞(き)くこと」だと思う。遠来(えんらい)の客(きゃく)なら自分の街(まち)のアピールより先に「どちらからおいでですか?」と聞く

観光地(かんこうち)でよく体験することがある。街自慢(まちじまん)が延々(えんえん)と続く。それがサービスだと思っているからだろう。人は知(し)らない街を知りたくて旅をするのだが、自分の街やふるさとのことも聞いてほしいのである

聞くことは「いいタイミングを見つける」ことでもある。相手(あいて)の胸(むね)の内を推(お)し量(はか)る能力が必要だ。言語学者(げんごがくしゃ)の金田一秀穂(きんだいちひでほ)さんは「無言(むごん)のもてなし」を受けたことがあるという。能登のあるホテル。朝食の後、ロビーで訪(たず)ねてくる友人を待ちながらのんびりと海を見ていた。そこへ友人がきた

ところが、接待(せったい)の女性はしばらくたってから案内したという。のんびりと海を見ている金田一先生のひとときを大切(たいせつ)にし、声をかけるタイミングを計(はか)っていたのである。もてなしとは言葉(ことば)だけではないことの一例(いちれい)だ

各地で「おもてなし」講座(こうざ)が続く。土地の魅力(みりょく)をアピールする会話能力(かいわのうりょく)に磨(みが)きをかけないといけない。だが「おもてなし」とは「こ・こ・ろ」のこと。その一言(ひとこと)に尽(つ)きる。

いつもスキャナーではと思い、今回は貼り付けてみました。(笑)

これが、おもてなしの原点かなと思います。ある旅館の仲居さんは、お客さんが来られたところの話題から話しかけると伺ったことがあります。そうすることにより、お客様も打ち解けて話が弾み、観光地の等のお勧めができる関係になれる。そうそう、私たちも新幹線が開通し多くのお客さんが来られるのに、その方の土地のことを習う気持ちが大切であるとを知らせされました。感謝である。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 町内会のボランテアで・・ | トップページ | 10月21日  ~千里浜カントリークラブ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

勉強になりました!

いやーまいったですね。新聞のスクラップブック化しています。(苦笑)
でもこのコラムニストは好みです。(まだこのコラムをかいている方が数人だと想定していますが、詳しくはわかりません)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お・も・て・な・し」のこころ:

« 町内会のボランテアで・・ | トップページ | 10月21日  ~千里浜カントリークラブ~ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ