2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ニフティ宝くじ 当選! | トップページ | ubuntu14.04  GRUBの変更 »

2014年9月23日 (火)

健康保険料に差が出る?

250513001国民健康保険の保険証が送付されてきました。現行の保険証の有効期間が9月30日までですの十分間に合いました。しかしながらこれは通常のカードサイズにななりましたが、紙製で破損そうで、プラでケースに入れていますが・・・。つう健保組合等はプラスチックカードで、更新がないが、国民健康保険は仕方がないかも知れませんね。これこそ住民基本台帳カードと共用するなどの工夫が必要かも知れません。
(日経新聞より 抜粋)


生労働省は特定健診(メタボ健診)の数値が改善した人などを対象に公的医療保険の保険料を安くする仕組みを作る。健康づくりに励んでもらうきっかけにする。糖尿病などの生活習慣病にならない人を増やして医療費の伸びを抑えたいと同省は期待している。
厚労省は審議会を開いて新しい制度の仕組みを19日から議論する。来年の通常国会に保険料を安くできる法案を提出する。健康保険組合側のシステム対応が必要なため、2016年度以降に実施する健保が多そうだ。
対象は大企業の健康保険組合、自営業らの国民健康保険、中小企業の全国健康保険協会(協会けんぽ)で、各健保が希望すれば保険料を安くする仕組みを導入できる。今の仕組みでは、健康保険組合の加入者は健康な人もそうでない人も同じ保険料率となっている。
メタボ健診で血圧、血糖などの数値が良くなった人が候補となる。もともと健康な人は数値の改善が難しいので、代わりにお金やスポーツクラブの利用券などの給付を検討する。例えば、1年間病院に行かなかったら1万円分を支給する方法などが考えられる。メタボ健診を受けない人の保険料は変わらない。お金や利用券の給付も受けられないようにして、メリハリをつける。

との記事が掲載されていたが、考えてみれば至極あたり前の話である。民間の自動車保険は、無事故だと保険料の割引が適用と同じことである。
しかしこの改善した人の保険料を安くするのは不公平感が残る。生活習慣病がなくて、病気になっている人は、その恩恵にあずかれない。保険料の割引率に差で対応をしてくれる方を要望しておきます。なおこの年齢になると年間のある額までは、仕方がないので、段階ごとのシステムを導入してほしいものです。国民健康保険のシステムはいつから対応可能なのでしょうね。このような施策が実際に出来るのもIT化でデータ管理ができるようになったお陰です。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« ニフティ宝くじ 当選! | トップページ | ubuntu14.04  GRUBの変更 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/60360321

この記事へのトラックバック一覧です: 健康保険料に差が出る?:

« ニフティ宝くじ 当選! | トップページ | ubuntu14.04  GRUBの変更 »