フォト

« 朱鷺の台カントリークラブ (8/22) | トップページ | あいの風と異常気象 »

2014年8月25日 (月)

防災訓練に参加 (暇な話)

恒例の校下単位での防災訓練が本日実施されました。これに避難訓練に参加をしてきました。1次避難所は、拙宅から徒歩で5分程度の場所ですが、元気な内は、自主避難が可能ですが、体力がなくなると自主避難はできなくなります。

IMG_0119

一次避難所への集合
IMG_0123

2次避難所へ出発

ここの場所は、2次避難所(小学校)までの仮集合場所ですが、高齢者が多くなっている町内では、2次避難所(最終)までの避難や対応にかなりの課題が山積をしています。避難所に集合すれば、行政等の管理域になり、救われます。

そこに至るまでの自助、共助をどのように実施するか考える必要がある。校下単位の防災訓練も必要ではあるが、真に必要な訓練は、町内単位、班単位に安否と避難方法と、行政管理が可能な場所までの具体的な情報伝達の方法(メール、電話、その場所)町内会会館等を利用した連絡機能と公への支援体制にを確立し、2次避難場所への避難対策が必要であるとの考える。

やはり、現在のような訓練内容ではなく、さらなる現実的な訓練が必要になる。町内行事もいいが、このような地道な避難訓練、情報訓練も小さな単位で実施しておく必要があると言える。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 朱鷺の台カントリークラブ (8/22) | トップページ | あいの風と異常気象 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

避難訓練、私の地域でもやってて参加してますが、避難場所まで老人の場合30分近く要してしまい、翌年から老人の参加が減ってしまいました。 老人・体の不自由な人は声掛け、一緒に、とは言いますが、現実に一緒に避難とは出来ていないです。問題を放置せずに具体的対策が必要なんですが…。 なかなか解決も難しいですね。

kiwatti さん こんばんわ
そうなんですよね。それが一番心配をしております。イベントとしての防災訓練も訓練にはなりますが、さらに一歩踏み込んだ訓練が必要ですね。現在独居老人の非常連絡体制を整理をしましたが、地域の課題はたくさんあり難しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防災訓練に参加 (暇な話):

« 朱鷺の台カントリークラブ (8/22) | トップページ | あいの風と異常気象 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ