フォト

« ラーメン ~夕食~ | トップページ | 半沢直樹と石川県 »

2014年5月26日 (月)

桜心 ~ドキュメンタリーから~

今朝の「石川テレビ」(フジテレビ系列) 桜心 「~能登を愛した孤高の絵師~」 が放送されていました。

これは、石川テレビ開局45周年特別番組として制作をされたもので、勝田深氷さんが石川県珠洲市に在住をして捜索活動をされた奇跡を探るののであり、それが私たちのよく知る、Unixnoデータベースと言えば、オラクルの創業者ラリー・エリソンの寝室のふすま絵となり海外に渡っていたことでる。多分の放送は、フジテレビ系列で全国放送をされると思われるが、興味深く視聴致しました。

日本画家の伊東深水の長男の葛藤とそのお孫さんの画家に至るまでのことも描かれていた。実によくまとまっており、素晴らしい作品に仕上がっていたと思います。


(番組概要)

奥能登を拠点に創作活動を続けた浮世絵師・勝田深氷。朝丘雪路さんをはじめ深いつながりのあった人たちの証言より勝田の世界観・人生観を紐解き日本画とは何かを考える。

(番組詳細)

奥能登を拠点に創作活動を続けた浮世絵師・勝田深氷。  勝田は日本画の巨匠・伊東深水の息子だが、母親は正妻ではなく、深水がこよなく愛した築地の芸妓。実姉には女優の朝丘雪路も。高校卒業後、洋画家の小絲弦太郎に弟子入りして画を学び、その後、日本画へと転身した。珠洲市に移住したのは19年前、庵を構えて作品作りの拠点とした。
ここで描かれた作品は海外で評価が高く、サンフランシスコのアジア美術館には庵周辺に咲き乱れる「山桜」を描いた襖絵が収められている。  能登での活動とともに勝田は1年の半分ほどをサンフランシスコで過ごした。アメリカの子供たちに日本画や伝統的な日本文化を伝えたいと  思ったからだ。しかし、次の大作に挑んでいた一昨年7 月、勝田は滞在先のサンフランシスコで死去。制作途中の作品が絶筆となった。
番組では国内外に残る勝田の作品を紹介するとともに朝丘雪路さんをはじめ、勝田と深いつながりのあった人たちの証言を基に勝田の世界観、人生観を紐解き、日本画とは何(かを考える。


(テレビ王国より転載)004

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

庭にカラ?らしいです

« ラーメン ~夕食~ | トップページ | 半沢直樹と石川県 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本画には不勉強で、勝田深水という画家をはじめて知りました。
当然かの伊藤深水に息子さんが居たことも今知りました。

カラーの花、一番好きです。うちのベランダには一年中、造花のカラーが一本

咲いています。日本海を一度も見たことがない私です。

そのようです。ニューヨークでなくなられたそうです。どうも偉大な親との葛藤があったようですが・・。美術館にも収蔵されているようです。その内親子展等もあるかも知れませんね。この住いも一時、朝丘雪路館長で記念館の話もあったようです。

実は、ちょうどこの前に高峰譲吉さんがワシントンに桜を送って100年だとの話があり、返礼に「はなみずき」が贈られたとの話があり御縁のある金沢で記念植樹が行われました。桜繋がりの話でした。(ちょっと余計でしたですね。)

坊 さん こんにちわ 
はいいくつか咲いており白、黄、緑のコントラストがいいですね。奥さんの曰く、今年はよくないそうです。
ぜひ日本海の波を見においでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜心 ~ドキュメンタリーから~:

« ラーメン ~夕食~ | トップページ | 半沢直樹と石川県 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ