フォト

« 桜心 ~ドキュメンタリーから~ | トップページ | 後期高齢者医療費 »

2014年5月27日 (火)

半沢直樹と石川県

img228

ちょっと前にヒットした「半沢直樹」ですが、両親は金沢で「半沢ネジ」というネジ工場を経営していたとの設定があった。

これに関連して、町工場は、輪島市出身の方が社長をする「日の出製作所(川崎市)とのことである。このデスク日誌ではじめて知りました。

この方のように「故郷は、何よりの宝」の熱い思いの経営者がおられることに感動です。

またある雑誌(日経関連)に絹より軽く温かいスカーフを作る天池合繊もここにに有ることがわかりました。

ちょっとフクションの世界とそうでない現実の世界の話が交錯をします。現実の織物産地で多くの機業場がありましたが、単なる機織りで付加価値の少ない企業は、淘汰され、技術開発を行ったところがこのようにいい製品を生産して活動を行っていける例かもしれません。

池井戸潤原作の「花咲舞が黙っていない」もちょくちょくみますが、パターンが似ているかな。(苦笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

 

« 桜心 ~ドキュメンタリーから~ | トップページ | 後期高齢者医療費 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あの半沢ネジが、石川県出身の経営者の工場とは!しかも、川崎市(私の住んでいる)にあるとは!いつか機会があれば訪れてみたいものです。地元の新聞記事っていいですね。

坊 さん 川崎にお住まいでしですか。そのようで私もこの記事で知りました。前の下町のロケットも町工場の話がありましたが、よく観察されている思いました。私も蒲田の町工場での試作品の外注工程を見に行きました。
地元紙は、何でも記事になります。でも全国紙にない特質があります。

北陸には世界最先端の超極細繊維や炭素繊維の織物を織る工場がいくつもありますよ!

OKCHAN さん はい炭素繊維の技術開発は官民で行われ、ボーイング等にも採用されています。これも素晴らしい技術です。
すみませんでした。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半沢直樹と石川県:

« 桜心 ~ドキュメンタリーから~ | トップページ | 後期高齢者医療費 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ