フォト

« 今日の出来事  ~暇なはなし~ | トップページ | 消費税対応   ~インスタントラーメン~ »

2014年2月 3日 (月)

天声人語  ~ちょっと関連して~


だれかが失敗しても、それが悪意からでなく、うっかりの結果であれば、しかたないねと許す。逆に心の中はどうあれ失敗は失敗と、責める態度もありうる。僧侶の小池龍之介さんは前者を「心情倫理」、後者を「責任倫理」と呼ぶ

▼そして責任倫理で人を裁こうとすれば、裁く方は心やすまるひまがない〉と、以前の本紙に書いていた。人間とは失敗する生きものなのだから、しょっちゅう怒っていなければならなくなりますよ、と

▼二つの倫理はマックス・ウェーバーの『職業としての政治』に由来する。そこでは政治家の身の処し方の問題として考察されているから、小池さんの議論とは違ってくる。いわく、熱い心情や善意にもとづく行動なら結果がだめでも責任はない、と考えることは政治家には許されない

▼問われるのはあくまで結果だ。よき動機からよき結果が生まれるとは限らない。しばしば逆である。それがわからない政治家は〈政治のイロハもわきまえない未熟児である〉と、手厳しい

▼安倍首相の靖国参拝は信念による行動だったとしても、結果はどうか。結(ゆ)いの党の江田憲司代表が、先日の代表質問でウェーバーを引いて迫った。首相は結果に責任を持つのは当然としつつ、信念抜きの「妥協的な事なかれ政治」には与(くみ)さない考えを語った

▼信念は大切だ。しかし、首相の祖父の岸信介(のぶすけ)も結果よければ、と言っていた。「人間、時と場合によるよ」とも。だから「どっちつかずのようなこと」も辞さなかった。


これを読んで、なるほど朝日的な論評だと感じましたが、考えてみれは、どこの組織、会社といえども、最終的には、そのすべての責任は、トップになることは、明白であり、そこに責任がある。ちょうどタイミングよく「たかじんの・・・・・・」の番組の中で、歴代総理をバライティー風に論評をしていたのも重なり、この記事が気になりました。

今日は、朝から町内会の定期総会で、会場の準備、舞台の準備、プロジェクターの準備等で、定期総会で質疑応答のQ&Aを準備していましたが、違う案件での建設的な意見が多くでまして、町会として有意義な総会になりました。これで役員を任期満了ですが、ホームページ、ブログ等のメンテナンスの役目を頂きましたので、ゆっくりとバージョンをあげていきます。

いずれにしてもトップに立たれる立場にある方は、心構えみたいな物を感じます。特に安倍首相の結果的に中国等と協議出来る場を作ることが、現政権の最大課題である。

« 今日の出来事  ~暇なはなし~ | トップページ | 消費税対応   ~インスタントラーメン~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天声人語  ~ちょっと関連して~:

« 今日の出来事  ~暇なはなし~ | トップページ | 消費税対応   ~インスタントラーメン~ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ