フォト

« DVDやブルーレイディスクの「データ用」と「録画用」の違いとは? | トップページ | 金沢カントリー倶楽部  ~スタート遅れ~ »

2014年2月26日 (水)

車両ビックデータ化と個人情報

035777s_mini国土交通省が検討する自動車のビッグデータのプラットホームを構築をするため、検討をすることが、掲載されていました。すごく大きいデータベースになるが、国土交通省が持っている車検データを元に、警察庁のもつ事故履歴データー、保険会社が持つデーター、及びデーラーがもつ修理履歴など主に車両本体の情報等が、ビックデータとして蓄積されるらしい。

今での一部のメーカーでは、その車の走行場所、走行距離等をデータ化しているようで、先般の大雪で道路の寸断が起きた時に通行可能な道路状況を提供したとの情報もあったようにそれが、すべて車両についてデータ化されることになる。警察庁のNシステムのデータとも合せると車両の移動や、運転状況がわかる仕組みになる。まさか、リアルタイムではないと思われるが、このデータの利活用と個人情報の関連はどうなるでしょうか。今回のデータ化は、車両保険の情報も入り、車両ナンバーもわかるので、ビックデータ化には、個人情報をどのようにするのかが気になる。

これを車両保険会社が利用すると、車両の事故履歴や個人の事故履歴の情報を組み合わせると事故の確率などからそれぞれにあった保険を設定できるようになる。

本当にこのような個人データをビッグデータ化をしなければならないのでしょうか。個人の保険料は、自社の加入者による分析でも十分分析をできるような気もするし、それが企業努力でもある。住民基本台帳のデータの他に納税と年金のビックデータ化も行うとのことで、いよいよ個人情報はどこまで展開されて行くのでしょうか。

現在でも、家族の年齢構成さえも個人情報だと思っている人達にとって、本人の知らないところでデータ化され、情報が構築されていることになります。IT化の技術は使い方を間違えると大変なことになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« DVDやブルーレイディスクの「データ用」と「録画用」の違いとは? | トップページ | 金沢カントリー倶楽部  ~スタート遅れ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分は非現金派で買い物はお財布携帯やカードを使いAmazonとかもよく利用しているので全て追跡されていますね・・・・・

住基ネットと合体して一元管理されるようになると、ハッキングされ犯罪者に仕立て上げられたり、別人になりすましたりを遠隔操作で出来る映画のような世界になりそうで怖いです。

住基カードには、統合されることはないとは思いますが、車検証の情報は、間違いなく統合されるような検討がなされているようですよ。本当に個人情報の保護はどうなるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車両ビックデータ化と個人情報:

« DVDやブルーレイディスクの「データ用」と「録画用」の違いとは? | トップページ | 金沢カントリー倶楽部  ~スタート遅れ~ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ