2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 同窓懇親会 ~久しぶりのです~ | トップページ | スイングの試行錯誤? »

2013年10月29日 (火)

iphneからWindows Live Mail 2011での文字化け

displays_in_taskbar_02Windows Live Mail 2011からのメールを受けると、ときどき下図右のように「Unicode(UTF-8)」のタイトルバー画面が出るときがあります。
調べてみますとWindows Live Mail 2011には、どうやら次のようなバグがあることが判明しました。
・メール本文中に「~」や「-」(-は全角マイナス)が含まれていると、UTF-8でエンコードされて送信される。
・メール本文中にJISコード(iso-2022-jp)に含まれない半角カタカナがあると、UTF-8でエンコードされそのまま送信される。

今回は、娘夫婦は、iphone4 iphone5 ですがiphone4でおこるようです。いずれにしてもihone4で発生しているが、詳しくはわからないが、画像を添付してメールを受信したときにおきるようである。

対策は簡単で、そうやって作成したメールを送信するまえに設定=>エンコードで日本語(JIS)に変更すればISO-2022-JISになります。もちろんメールを先に作成しそれに画像をそれに添付するという方法でもだいじょうぶです。

メールに添付する方法→ メールを書いてそれに画像を添付する。

画像を先に選ぶ→ それにテキストを追加する。

どうもこの違いのような気がする。あくまで推定であるが、メールソフトのデコーダーが、自動判別をしないために発生すると思われる。

WindowsLiveメール2011の場合
「ホーム」タブ-「アクション」-「エンコード」-「その他」-「Unicode(UTF-8)」をクリック。
文字化けのタイプによっては「Unicode(UTF-8)」以外の日本語エンコードで表示するものもある。
本来は送る側が正しければ自動で選択されるものなのです。

不可解なこともあるが、一応文字化けは解消できました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« 同窓懇親会 ~久しぶりのです~ | トップページ | スイングの試行錯誤? »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ココログの記事タイトル部分も「〜」が実質使えませんよね。
Windows以外ではNGですし、RSSフィードならWindowsでも化けてます。
って今の「〜」はiPadで書いたのですでに変なのになってるかと思いますが。

「〜」 そうですね。パソコン通信の頃は、これらの文字コードは化けるので、使わないようにしましたですね。
「〜」は、使ってみたら表示されましたので、利用しています。(苦笑)
iOSでもきちんと表示されていますよ。お互いに歩みよっているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/58474542

この記事へのトラックバック一覧です: iphneからWindows Live Mail 2011での文字化け:

« 同窓懇親会 ~久しぶりのです~ | トップページ | スイングの試行錯誤? »