2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« Dellstageのアイコン | トップページ | フローリングのめくれ修理 »

2013年9月 3日 (火)

通話時間から  ~日経 春秋~

9月1日に日経新聞の「春秋」に「”・・・・ 電話に弾むきみの声”」なる短歌から電話の通話時間の減少についてのコラムが書かれていた。心情的には理解出来るし、メールでの依頼等が多くなり、会話がすくなくなっていることも納得が出来る。

しかしながら、ある面で、依頼、お願い等の面では、メールをすることにより記録がのこり、口頭、会話で、いったいわないを排除出来るメリットも多くあるように思う。一方で「話さない国民」「話さない社員」になっていくのも、ちょっと味気ない気もします。コラムリストのいわれるように人と人の弾む声での会話や通話がいいのは勿論である。

通話時間等について、ドコモを引き合いに出していたが、「通信白書」 23年度版によると携帯電話の通話時間・回数とも伸びているような傾向です。


●携帯電話発通信回数及び通話時間はともに増加しているものの、総通信回数及び通信時間は減少傾向
n4303020

平成21年度における我が国の総通信回数は1,112.4億回(対前年度比2.2%減)、総通信時間は41.7億時間(同1.0%減)であり、いずれも減少が続いている。
発信端末別の通信回数では、携帯電話発が567.0億回(対前年度比2.3%増)と引き続き増加している一方、固定端末6発は531.5億回(同6.3%減)、PHS発は13.9億回(同10.3%減)と減少しており、携帯電話発信へ移行する傾向がみられる。
発信端末別の通信時間では、携帯電話発が22.0億時間(同5.3%増)と増加し続けているのに対し、固定端末発は18.4億時間(対前年度比7.1%減)、PHS発は1.3億時間(同7.1%減)と減少を続けている(図表4-3-3-1、図表4-3-3-2)。

(詳細は、総務省 情報通信白書 で確認できます。ダイジェストPDF版が公開されています)


統計データでは、固定電話は減少をして、携帯電話は増加ですが、全体的には減少傾向であるから、表現は、ドコモ・・表記はない方が統計にマッチするような気がします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。むせんつうしんのブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   @niftyココログのポチッともよろしくお願いします。

« Dellstageのアイコン | トップページ | フローリングのめくれ修理 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
    携帯電話の使用データー面白いですね。
   
    通話方式はプライバシー保護の関係
    メールは  会社関係者の移動費高等などの関係・・・・

    以上の事柄が浮かびました。   

      でもねまだまだ自動車運転しながらの携帯電話
       を使っている。 良く見かけます。

田舎者 さん こんばんわ
そうですね。1社独占の頃は、公社の報告書みたいなもので、そのままでしたが、競争になってからは、よくなりましたですね。

それぞれの使い方がこんな形で見えるのがいいですね。ちょっと集計がデータが古いような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/58119090

この記事へのトラックバック一覧です: 通話時間から  ~日経 春秋~:

« Dellstageのアイコン | トップページ | フローリングのめくれ修理 »