フォト

« 気にしないが気になるブログランキング | トップページ | 出会い ~ネットもいいかも?~ »

2013年6月25日 (火)

税金と救助 (閑話)

ニュースキャスターと盲人の冒険旅行で、不幸にも海難事故で海上保安庁と自衛隊機が出動し、救助されたことについて、かかった経費は、誰が負担するのかとの話題になっている。(今朝のテレビ放送、結論はなかったが・・)これも先般のテロに関しての救出邦人の輸送にについても、同様なことがいえる。

山岳遭難、海難事故も同じだそうですが、警察、海上保安庁、自衛隊が出動した場合は、基本的に無償であるとのことである。民間の人、ヘリ、航空機を依頼すると当然のことながら、費用がかかる。(このための保険があるそうである)

今回のような人命救助は、外国人を含めて、当然のことと思うが、受益者負担の考え方もあってもいいような気がする。ある意味、単なる旅行だと考えると、私たちは、国内、国外への旅行に関して、必要な医療費、援護、携行品に保険をかけるが、これと相似形の様な気がして、それに対しての保険は必要な気がする。しかしながら、保険は、かかった費用の補てんが原則であるので、公共サービス(?)では、費用が生じないと保険は機能しない。

その点、医療保険は、受益者負担もあり、かつ、費用も少なく誰でも公平に受けれるし、高額医療制度で限度額もきめられている。たとえが適切ではないが、同じ病気で、同じ治療を受けても高額になると、所得により負担額が違ってくる。素晴らしい制度を参考に難しい問題ではあるが、議論はしておかなければならないと思った。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ 石川県のブログ」がみられますので、クリックしてみてください。ブログのランキングも上がります。(笑)
ポチッとよろしく!   ココログのポチッともよろしくお願いします。

« 気にしないが気になるブログランキング | トップページ | 出会い ~ネットもいいかも?~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も救助費用のこと、気になっていました。
やはり一部は(せめて払える範囲でも)自己負担する必要があるのかな?と。
保険をかけていたとしても、かなりリスクの高い航海のため、保険料は高額になるのでしょうね。
難しい問題です。

ひつじさん こんばんわ 難しい問題だと思いますネ。国外においての救出等の場合も同様で、帰国?のための救援はすべて、国等が負担するそうです。
人命救助は経費の負担で遅れたり、できななかったりしてはいけないことは当然ですが、何かしら納得できないのは、なぜでしょうか。
こんな記事もありましたですね。

http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-7295.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 税金と救助 (閑話):

« 気にしないが気になるブログランキング | トップページ | 出会い ~ネットもいいかも?~ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ