フォト

« 電話のできないスマートホン | トップページ | スマートホンの充電ケーブル »

2012年10月18日 (木)

割愛 (閑話)

NHKテレビでの言葉で放送していましたが、ランニングマシンでしたので、音声が聞けませんで画面だけでした。へーと思いながら見ていましたがどうも省略と解釈をしている人が多いらしいととの事だったように記憶している。

123

辞書では

1 惜しいと思うものを、思いきって捨てたり、手放したりすること。
2 愛着の気持ちを断ち切ること。恩愛や煩悩(ぼんのう)を捨て去ること。

惜しいけど、紙面が少ないので、書けないので、省略する。----→ 割愛 のようです。

単に省略するときに割愛と言われているがこれは間違いのようです。

こんな例でも割愛と言っています。(蛇足)

来年の勇退される ○×さんをぜひ割愛させてくださいとお願いをするときに使います。 天下りではなく、お願いをする形の時は、割愛と言います。この形では「天下り」ではなく「割愛」です。どう思いますか?

« 電話のできないスマートホン | トップページ | スマートホンの充電ケーブル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いまどきの若い人は言葉を知らない、と思う自分も、まだまだ、
知らないことばかりです。
テレビのドラマですら、”とんでもない”が、”とんでもございません”
というセリフもあり、はたまた、”全然”の後は否定と教わったの
ですが、いまは、「全然面白い」のような肯定が多いような気が
します。言葉も世につれなんでしょうね。それを”乱れ”というか、
”変化”というかはわかりませぬ(苦笑)。面白い話題を楽しませて
いただいております。ありがとうございます。

しらこばとさん こんばんわ 
そうなんですよね。知らないことが多いような気がします。会社にいた時は、余裕もなかったのですが、離れてみると色々な事象が気になります。言葉の乱れは言われてから年月も経ていますので、「変遷」の過程と言ってもいかも知れませんですね。(笑)
またよろしくです。年寄りのたわごとにレスを頂きありがとうございました。

初めてカキコいたします。いつも、拙宅のブログにご訪問いただきありがとうございます。hideさんもサンデー毎日なそうですね。お近くのようで今後ともどうぞよろしく。

「割愛」ですが、国と県の人事でも使います。国から県への場合は「出向」で県から国へは「割愛」と言います。人事用語なので一般的ではありませんが、今でも使われています。

なるほど全く同じですね。私どもでは、出向(出) 出向(入) で管理をしておりました。人事用語でしたかやはりね。でも割愛願いの要望書はよく作りました。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 割愛 (閑話):

« 電話のできないスマートホン | トップページ | スマートホンの充電ケーブル »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ