フォト

« 散居村 | トップページ | 本法寺(@風の盆 八尾町) »

2012年9月28日 (金)

いで湯の里山 山田温泉「玄猿楼」

これは、1300年前に開湯されたのお湯で、やわらかーいお湯で、湯量も多く、源泉かけ流しです。料理もおいしいとのことだったので、行きたいねと話して居りました。

縁起は、一匹のあるが病める猿を背負って、狭い岩間に入り猿の体にお湯を打ちかかけてていた処、猿は元気になった。これをみた農夫が村人に伝えた。村人が浴すると、さまざまな病や、ケガをいやす効能は神の術のごとしと浴槽作ったのが、山田温泉 玄猿楼 のおこりであるとのことである。

(そんなことから「玄猿楼」と名付けられたらしいです。昭和の初めころの写真も展示されていました。)

一軒宿で、大きい宿ですが、当日は、キャンセルがあったそうで、私たち夫婦だけでの宿泊でした。しかし、日帰り温泉客が多くおられました。お風呂は、大浴場(男)(女)夢殿 (岩の湯) (露天風呂) があり 夢殿の2つの風呂は、午前零時に 男女を入れ替えるそうで、私は、岩の湯に入ることにし、、食事後は、大浴場、朝風呂は、露天風呂に入りました。(全湯に入りまししたが、泉原は同じだそうです。)

食事は、創作の懐石料理で、味も口にあって大満足で、ゆっくりとした夕食タイムでした。全館貸し切り状態でしたので、静かな夜です。

014 032

お客様が、おられないので、やさしいお湯で、のんびりと寝湯をしてきました。温泉満喫の一日となりました写真は、もちろん朝は一番風呂?でした。

« 散居村 | トップページ | 本法寺(@風の盆 八尾町) »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひでさん、こんばんは。
素敵な言い伝えがある温泉なのですね!
そして、宿泊客は、ひでさんご夫婦だけということで、
本当に貸切のようですね。
めったにない出来事だと思いますので、貴重な
一日を過ごされてうらやましい限りです。

夜から朝は、完全に貸し切り状態でした。お陰で静かな一日でした。山間の一軒宿ですので、これから秋にかけて紅葉もいいかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いで湯の里山 山田温泉「玄猿楼」:

« 散居村 | トップページ | 本法寺(@風の盆 八尾町) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ