2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 光ネクスト開通(第二日目) その2 PR-S300NEの設定について | トップページ | 外壁のサイジング補修方法 その1 »

2011年6月14日 (火)

光ネクスト開通(第二日目) その2 PR-S300NEの設定について

 最小限での設定をして,LAN内の固定IP機器NAS(tera-station)、Fedora(PC)、debian(玄箱)、fletPhone(テレビ電話)等を確認してとりあえず「良」とした。

 課題が発生した。従来使っていたルーター PLANEX MMZK-W300NH2  をAPモードに変更し、ノートPCの接続は出来たがダイナミックDNSのクライアント機能が使えないことが解った。

(当たり前であるが・・・。従前は、ルーターの中にこのデーモンがあったので便利であったがのですが)

 これからが課題の解決をしなければなりません。APモードでは、NGでルーターモードでルーター機能を個別に止める設定かなあ?????。

 暫くは、自宅のWEBサーバーは、アクセスできないと状態です。(試験中ですので、特段の不便はありませんが・・・。もう少し時間がかかる。)

 外部からのアクセスの設定は、どうして使っているか参考になるかも。

 PR-S300NEをブリッジしてVOIPは動くのかなあ・??   PPPOEは、PLANEXで実施か??

(このルーターのデーモンのグローバルIPは、WANでの取得だろうし)

暫くは、考えます。

« 光ネクスト開通(第二日目) その2 PR-S300NEの設定について | トップページ | 外壁のサイジング補修方法 その1 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/51921833

この記事へのトラックバック一覧です: 光ネクスト開通(第二日目) その2 PR-S300NEの設定について:

« 光ネクスト開通(第二日目) その2 PR-S300NEの設定について | トップページ | 外壁のサイジング補修方法 その1 »